FC2ブログ

越前庁舎新築と府中城石垣

府中城石垣の移転、復元
4月1日の福井新聞に越前市の市庁舎が新しくなり、その庁舎前広場の整備が完了したという記事が載りました。

庁舎の完成は去年の1月で、その後庁舎前広場の整備工事が進められていましたが、このほど完成した旨の報道がありました。この庁舎前広場に復元整備された石垣を巡っては、2017年に庁舎建設工事に先立って行なわれた記録保存のための発掘調査で発見された、慶長年間の城主本多成重治時代のものと判明し、地元の保存団体からの強い要望で現状保存が訴えられましたが、当初の工事計画は変更できない、との理由で市当局に押し切られ、移転復元による保存となったものです。

当時の福井新聞を見返しますと、2017年8月11日付けで、「越前市府中城遺構の再現検討」と題する記事が載せられています。その前月に発掘が終わり、現地説明会が行なわれ、城歩きマンも見学会に参加したことを覚えています。

越前市教育委員会の調査成果から石垣遺構以外に屋敷跡や池庭関連遺構などが検出されていて、江戸時代初期のものであろうという見解が出されていました。
この府中城跡に関しては、天正年間から慶長年間に至る、越前での多くの戦いの中心にもなっていた、府中の歴史を明らかにする重要な場所に当たっているのは必至で、江戸時代初期頃とすれば、慶長5年の関ヶ原の戦いの後に越前に入った結城秀康の家臣、本多富正が三万六千石余を拝領して府中に移ってからの時期を指します。
この時期に府中の城下町作りが進められたことは容易に推察され、前田利家が一時期拠点とした時期も含めて、その時代の歴史を直接示す貴重な歴史遺産だったことは否めません。

こうした貴重な歴史遺産を、越前市は当初の予測であった国府関連遺構ではない、と言うことが本当の理由だったように記憶していますが、保存は無理との結論に至り、議会でも保存を断念する決議を行ない、石垣のみを移築、保存すると市民に約束して現在に至っていました。<この稿、続く>
スポンサーサイト



岡崎市山中城跡の現地見学会のお知らせ

岡崎市山中城現地見学会チラシ
名古屋の友人から、「愛教労城の会」主催の岡崎市山中城跡見学会のお知らせが届きました。今年に入って2度目です。

日時は今月4月24日(土)午後1時からで、場所は岡崎市羽栗町田中の山中城跡現地集合です。登城口の近くに4,5台程度駐車できるスペースの場所があるというので、そこに1時までに集まってほしいと言うことです(チラシ参照)。

東名高速道路で岡崎市方向へ進み、岡崎インターを下りて、1号線をまっすぐ東へ行けば、名電山中駅の近くにある「山中小学校北」の交差点が見えてきます。ここを右折して二つ目の信号を過ぎると左手に駐車場が見えてきます。

ここでクルマを降りて、いざ!登城です。

山中城はチラシの説明にもありますが、三河地方では最大規模の山城で、県下でも有数の規模を誇ると言います。
築城は国人領主、西郷氏によって最初築かれましたが、岡崎松平氏や今川氏の改修を経て現在の大きさになったと言います。東西400m、南北200mの範囲に土塁囲みの主郭をはじめ、曲輪、腰曲輪、段曲輪、土塁、虎口、堀切、竪堀などの遺構が優に40カ所はあるでしょうか、東西方向の尾根線を中心に、北に派生して延びる小尾根などに遺構が連続して並んでいます。見学時間は2時間30分ほどですが、とても時間が足りないと思われるほどの内容です。効率よく回れるよう、主催者側にお願いしましょう。

このブログを読んで、一緒に見学したいと思われた方はご一報下さい。直接、チラシの主催者に連絡されてもいいと思います。春の一日、三河の山城へご一緒に!

あわら市神宮寺城が市指定に

あわら市神宮寺城が市指定に
あわら市が指中にある神宮寺城を4月5日、史跡に指定したと発表しました。今日(4月6日)の福井新聞嶺北版のトップに掲載されました。
記事にもあるように神宮寺城は中世の山城で、坂井郡一帯では最大規模の山城になるだろうと思われます。式内社であった細呂木神社の別当寺の神宮寺があったことから、この名がつきました。
城歩きマンが最初にこの山城にのぼったのは、今を去ること29年前、平成5年のことでした。かつて活動していた福井考古学会の企画で、植林のために山がきれいに伐採されていた神宮寺城一帯の山で、これまた当時活動していた若越城の会のメンバーも加わって現地調査が行なわれたことを今でも鮮明に覚えています。
あれから、しばらくは沙汰止みになって、長いこと神宮寺城へは登っていなかったのですが、偶然にもあわら市からの依頼があって、再び神宮寺城を調査する機会が与えられました。平成30年4月のことです。地元の歴史講座で講演と現地調査を企画したので、一度山城の様子を教えてほしいとの担当者からの要請があったのが始まりで、それから数えても足かけ4年が経過しています。
何度もこのブログでご紹介してきた山城ですので、今更、特にお知らせできる新知見はありませんが、これからの関心事は、県内でも事例の少ない、山城の遺跡整備の方法でしょうか。国史跡の杣山城、後瀬山城、純然たる山城ではありませんが、大野城や丸岡城なども一応史跡整備がなされてはいますが、発掘調査を受けての史跡整備は前者の杣山城と後瀬山城ぐらいでしょうか。他は案内板や標識を立てているだけの簡素な整備で終わっています。
隣県の石川や岐阜、滋賀では沢山事例がありますが、福井では全く少ないのです。そこを踏まえて、今後神宮寺城の史跡整備をどのように進めるか、難しい課題です。

永平寺町上志比地区赤井家について

1上志比地区赤井家高麗門赤井家高麗門、南から(別名馬上門)
永平寺町にある赤井家を見学する機会がありました。
赤井家は旧上志比村清水にあります。北側斜め向かいには国道416号線に面して「道の駅 禅の里」が近くにあります。

この赤井家は江戸時代に大庄屋として35ヶ村をまとめる豪農で、地元では農民、町民の氏、素性を調べ、把握するなど役場の仕事にも通じる立場にあったと言われます。子孫の赤井氏は開業医として地区の医療を担うなど、その貢献度は多大なものがあります。

赤井家は江戸時代の豪農として紹介しましたが、それ以前はどうだったか。

3上志比地区赤井家高麗門2(拡大)高麗門(拡大)
つい先日まで、NHKの大河ドラマ「麒麟が来る」で話題になった明智光秀が丹波攻めで落城させた黒井氏の居城、黒井城を最初に築いたのは赤井氏で、その子孫が故あって越前に流れてきて、土着したのが赤井氏だと言います。

スケールの大きな、日本史に欠かせない部分を占めているのがこの赤井氏なのです。その意味で上志比地区はもっと多くの方々に知っておいていただきたい歴史の内容を多く含んでいます。

今回、偶然現地を訪ねることができ、本宅部分もつぶさに見学できました。
2赤井家住宅正面 から赤井家本宅(南から)
本宅部分は明治2年(1869)に改築されたものですが、民家の専門家が以前から関心を持って調べ上げ、築150年を優に上回る年月を重ねた、歴史的な建造物であることも確認されたそうです。
すぐ近くにある勝山市の木下家住宅(国の登録文化財)と同じく、永平寺大工の手による、由緒正しき民家建築になります。
敷地内には本格的な蔵屋敷と、大小の庭が並び、西側には大きなケヤキの木やモミジ、スギの木等々が鬱蒼と屋敷林を形成していて、さすがにかつての「豪農」の家とはかくあるものか・・・、と感心しきりでした。

こうした建物を将来的に残して保存し、資料館として活用する手立てはないものか、返りの道すがら、考え込んでしまいました。福井にはこうした施設が殆どないものですから。

春を散策―ふきのとうと梅と桜

1フキノトウ
温かい春の一日、お昼をまたいで野原を散策しました。

久々の明るい、のどかな一日です。

こんな日はじっとしているのが勿体なくて、少し風が冷たいとは思いましたが、意を決して外へ。

3紅梅
山の崖際にふきのとうが出ています。場所によってはとうに顔を出している時期ですが、ここでは陽当たりの加減のせいか、今、ようやく開いています。

2白梅
民家の裏山の畑には梅が咲いています。少し前から花がつき始めていましたが、今がちょうど満開のようです。白梅です。
山際の道路の辻に小さいお地蔵さんを祀る祠があって、その脇には紅梅が。ここも今がちょうど満開です。今年の雪で枝が傷んだのか、大分切り詰めて身ぎれいにしたようです・・・。

7鳴鹿と浄法寺の境目の山嶺
遠くの山にはまだ雪がありますが、麓に近いところは殆ど雪は消えました。鳴鹿と浄法寺の境の山嶺です。

6鷲ヶ岳と春を待つ桜
斜面に沢山植えられているソメイヨシノは新芽が膨らんできました。
福井はいつも3月下旬から4月にかけてが桜の開花時期です。新型コロナですっかり花見気分が吹き飛んでいますが、桜はちゃんと花を咲かせる準備をしてくれています・・・。