桶狭間古戦場と今川義元戦死の地

今川義元戦死の碑
永禄3年(1560)5月19日、駿河から上洛の軍勢を進める今川義元が、桶狭間で不慮の戦死を遂げた。これは2か所ある古戦場跡、戦死の場所のうち、豊明市の栄町にある古戦場です。

7月13日城歩きマンは、名古屋のMさんの案内で桶狭間古戦場やそれに関係する各城・砦を訪ね歩くことができました。「愛知の史跡めぐり」というブログをやっているMさんの記事を読んで、ぜひ桶狭間古戦場を今のうちに歩いてみたいと思いました。

桶狭間古戦場跡(緑区有松町)
こちらの写真は名古屋市緑区有松町にある古戦場跡です。豊明町のほうが谷地形なのに対して、こちらは微高地状のところに位置しています。子供さんにもわかりやすいようにいろいろとモニュメントを並べて、楽しい緑地公園になっています。

今まで信長の奇襲攻撃で義元を討つことができた、ということで桶狭間についてはなんの疑問もなかったのですが、こうして愛知の地元ではどちらが本当の場所か、と2か所の古戦場跡を巡って議論があったということに気付かされ、歴史とは本当に奥深いなあ、と今更ながら実感しました。

名古屋市鳴海町成海神社
名古屋市緑区鳴海町成海神社(このすぐ西側が鳴海城跡です)

桶狭間古戦場は2か所ありますが、研究者の間ではどちらも間違いではない、とされています。戦いが広範囲にわたってなされたことから、奇襲を受けた場所、実際に戦死した場所などと当時の人に記憶されたのではないか、と言われます。

名古屋市鳴海町鳴海城の石碑
名古屋市緑区鳴海町の鳴海城跡の石碑(周囲はびっしりと建てこんだ住宅街です)

桶狭間の帰り足で、今川方の城址の一つ、鳴海城跡を訪ねました。市街地の真ん中に少し高まった丘があって、緑地公園として残っていました。保存されている古絵図には縄張りが示されていて、中央に本丸、周囲に3か所の曲輪が描かれ、また2重、3重に堀が巡らされていることが分かりますが、市街地の空中写真でもこのことがはっきり確認できます。
スポンサーサイト

COMMENT 2

midorishako  2013, 07. 23 [Tue] 05:36

古戦場跡が2つあるわけ

当日は暑かったですが、少し曇りがちでよかったですね。
城歩きマンさんのおかげで鳴海城について、認識を深めることができました。
また、桶狭間古戦場についても、なるほど4万といわれる今川の軍勢ですから、桶狭間一帯が古戦場になっているので、どこを切り取っても間違いではないわけですね。ありがとうございました。
ブログをやってる名古屋のMより

Edit | Reply | 

城歩きマン  2013, 07. 25 [Thu] 07:26

midorishakoさん、コメントありがとうございます。

古戦場跡、といえば桶狭間以外にも関ヶ原古戦場跡が近くにありますね。
また、北には川中島古戦場跡があります。

どちらも見学しましたが、やはり桶狭間が一番ミステリアスでしたね。関連する城砦を一つ一つ、見学しながら歩くのも、手、ですね。

Edit | Reply |