いよいよ福井城山里口門の復元計画が本格化!

福井城山里口門復元
3月26日福井新聞24面記事から抜粋(「福井城址公園構想」の大枠まとまる。中央公園から先行実施。)

今日7月24日「福井城跡 山里口門柱受けの溝や礎石確認」という記事が3面に出ていました。この記事を読んで、すぐ冒頭の記事を思い出しました。発掘の成果はともかく、残されていた遺構に沿って山里口門を復元し、御廊下橋と一体化させて中央公園の城跡の整備とつなげていくという意向を載せた記事です。

城好きのものには、待ちに待った計画であり、完成すれば金沢城の規模とまではいかなくとも、福井城を見学する楽しみが増えるというもの。

このイメージ図でいうと、右上の赤い部分の屋根が山里口門になるのでしょう。手前左側は西二ノ丸と堀をイメージした復元で、野外ステージとしてアレンジしたつくりとなるでしょう。もともと野外ステージはこの辺りにあったものです。
福井城の一部だということを視覚的に感じてもらう、直截的な方法だと思います。
そして、今のうちに提言しておきたいのは、先行的にすでに復元整備が済んでいる北ノ庄城址公園との関連付けです。藩主の別邸、養浩館とも当然つなげた整備を目指すべきでしょうし、北ノ庄とこれらは決して別々のものではあり得ないのですから…。
スポンサーサイト

COMMENT 0