福井平野の山並みを遠望する

編集_009
福井平野の東側、山並みを遠望(写真は春先のもの)

7月25日朝、昨夜の雨がようやく上がり、3日ぶりに九頭竜川河川公園を歩く。
毎日の日課にしている朝のウオーキングですが、今日は公園の芝生が全体にきれいに刈られていて、すっきりしていました。

夏場は草が伸びる勢いが強くて、この広い河川敷公園内の芝生はすぐ、雑草に埋まってしまいます。
ここを管理している国交省河川局の担当の職員さんや、おそらく下請けの業者さんたちが一定の面積を少しずつ刈り取りしていますが、今日やっと、公園の中心部が全部きれいに刈りあがりました。

その河川敷公園から見た東側の福井の山並みです。火燈山、丈競山、大日山、浄法寺山、鷲ヶ岳、奥には白山連峰が連なっていて、いつもながら穏やかな山容を仰ぎ見ることができます。
加賀、奥美濃との国境線をつくっている、これらの山並みをいつか縦走してみたいなあ、と夢は膨らみます。
スポンサーサイト

COMMENT 0