姉川古戦場跡と横山城

姉川古戦場跡と記念碑
小谷城を踏査した同じ日(9月6日)に、すこし南方にある姉川古戦場跡まで立ち寄ってみました。距離にしてわずか6㎞の位置で、ついでのこともあって寄ってみました。

まわりは稲が収穫の時期にあたっていて、あちこちでコンバインやトラクターが忙しそうに立ちまわっていました。

姉川土手から伊吹山方面を臨む②
国道365号にかかる野村橋から上流を眺めると、奥には伊吹山がわずかに山の端がみえました。

姉川古戦場跡と横山城②
橋の南側には、横山城のある丘陵、別名臥竜山が聳えています。
今回は登城することは叶いませんが、一度は登ってみたい城跡で姉川の合戦(元亀元年1570)では織田方と浅井・朝倉連合軍が、この山城の争奪をめぐって熾烈な戦闘が繰り広げられたといいます。

今は静かな農村風景に溶け込んでいる姉川ですが、伊吹山や横山城をながめていると、その当時がありありと思い浮かべられ、約440年前の情景を想像していました。
スポンサーサイト

COMMENT 0