一乗谷城の登山道をもっと分かりやすく!

編集_安波賀・三万谷合流点008
今日の福井新聞(9月11日水)12面(こだま欄)に、「一乗谷城の登山道をもっと分かりやすくしてほしい」という内容の記事が載りました。

城歩きマンが7月3日に、ブログで書いたのと同じようなことを山に登って感じた人がいて、福井新聞のこだま欄に投稿したのです。登り口がよく分からず、途中の矢印の案内も行き先がよく分からず、道に迷ってしまった、とのことでした。

福井出身の人がお盆に帰省して、せっかく一乗谷城へ上ったのに、あまり良い印象を持てずに帰ったそうです。

編集_二の丸019
この話、とても残念です。そして、山に登った人にごめんなさい、と謝りたいくらいです。
せっかく山に登ってくれた人が、あまり良くなかった、と貴重な意見を書いてくれたのです。城歩きマンは福井の山城をもっともっと良くしていきたいと思っていますから、これを県や市の当事者のせいばかりとは思えませんでした。

編集_三の丸登り階段022
写真は一乗谷城の尾根線、二の丸、三の丸へ続く道に立てられている案内の矢印です。
どうにか立っていますが、新聞記事が言っているように、どこが目的地の場所か分からないのです。しかも、矢印はひもで縛っているだけのものもあり、いつちぎれるか…。

城歩きマンが見たところ、ずいぶん前からこの状態が続いていて、看板、案内板などの修復はなされていないと思います。草刈り程度で済んでいる。これはもちろん、予算のことがあっての話ですから、一般人がとやかく言えることではありませんが、ぜひ、関係者の方々のご一考をお願いしたいと切に思います。
スポンサーサイト

COMMENT 2

midorishako  2013, 09. 14 [Sat] 09:49

福井の歴史をもっと

いつか危惧していたことが現実の問題として起こってしまったようですね。
朝倉遺跡は携帯電話のCMもあって、大変知名度が高いです。ふもとの遺跡だけでなく、一乗谷山に登ってみようとする方もきっと多いと思います。福井の歴史をもっと知ってもらうためにも、ぜひ案内板の完備が求められますね。

Edit | Reply | 

城歩きマン  2013, 09. 14 [Sat] 17:39

midorishakoさん、コメントありがとうございます。
山城の案内板や看板は、一乗谷だけがひどいのではありません。よそでもこんな状態はザラに見受けられます。

そんな山城すべてについて、案内板などのサービスが悪いと怒っても仕様がありません。城歩きマンもいちいちについて意見を言うつもりはありません。

ただ、特別史跡の一部なのに、こんな状態では・・・・。
と、ついため息が出てしまうのです。他の遺跡に示しが付かないのでは・・・・と。

Edit | Reply |