佐々成政展を見学しました

佐々成政展図録
10月6日(日)お天気は快晴で、暑い日になりましたが、富山の郷土博物館へ「佐々成政展」を見に行ってきました。
郷土博物館はちょうど富山城の中にありますので、ついでと言っては何ですが、時間をかけて富山城を見学しました。

佐々成政と言えば、戦国時代に朝倉氏を滅亡させた織田信長の家臣として、越前に侵攻し府中の東に小丸城を築城した武将でよく知られています。
富山の人には富山城の城主として、前田利家や利長とともに並び称せられる武将です。

富山城本丸・復元天守
午前10時40分過ぎに富山駅に到着。歩いて郷土博物館に向かいました。久しぶりの富山です。
むかしは富山大学や富山県の埋文センターでよく講演会や勉強会がありましたので、車で出入りしたものでした。JRで富山に来ることは滅多にないことですので、まちを歩くのも観光客気分です・・・・。

富山城・佐藤美術館
城内は城址公園として今も整備が続けられているようです。工事中の重機が置いてあり、赤土が園内で目立っていました。
奥に見えるのは搦め手門のすぐ脇に建っている佐藤美術館の建物です。
お城の中にあって、まことに雰囲気を醸し出している建物です。午後から市民プラザで佐々成政の講演会があります。それまで、まだ時間がありましたので、公園内をゆっくり散策しました。
スポンサーサイト

COMMENT 0