御床ヶ岳城(三床山)の遺構配置は・・・・

編集_編集_DSCF1654
鯖江市和田町の背後にある御床ヶ岳城の話は、今回が最後です。

肝心の遺構配置のことを述べなくては・・・・。
『日本城郭大系』などで紹介されている本城跡の遺構配置は、尾根線に平行に曲輪が並ぶ、連郭式です。
城歩きマンもそのように受け取りました。

山頂の水準点のある平地から、南に向かって約4,50mほど緩やかな傾斜の平坦地が続きます。
この平坦地を南北で挟むように、北と南の両側で、見事に刻まれた深い堀切で防御された曲輪が配置されています。

編集_編集_編集_DSCF1643
もう、明快に、籠城戦に備えた詰め城と考えてよさそうです。
写真は南側に施された曲輪の堀切を、南北の2方向から見た様子です。

御床ヶ岳城の主たる曲輪は、この山頂部の一角に絞られるようで、あとは北側も南側も、急激に下る山嶺となるようです。尾根線上の平坦地の一部分で、低い形状でしたが、土塁囲みの曲輪も確認できました。
こうした点からも、やはりこの城跡は中世末頃、戦国時代の所産と考えるべきだと思います。いかがでしょうか。
スポンサーサイト

COMMENT 0