中国・四国地区城館調査検討会 高知大会参加記

編集_IMG
11月2,3日(土・日)高知市で開催された標記の城館調査検討会に参加しました。

高知は昨年9月に家族旅行で訪れたばかりでした。妙なもので、重なるときはこういうようにして重なるのか・・・・。
たまたま、中国・四国地区城館調査検討会が今年の会場を高知市と南国市に選んだ、というだけの話ですが。

城歩きマンはどうしても長宗我部氏の「岡豊城」を見ておきたくて、また今回の発表をぜひとも聞きたくて参加したのでした。

岡豊城跡は平成20年7月に国の史跡に指定されましたが、遺跡全体のごく一部らしくて、その拡大指定を目指して県や南国市が城跡の主要な遺構を確認調査している時と重なりました。

編集_DSCF1557高知城追手門石垣修理工事
また、高知城も追手門の石垣改修工事が行われている最中での検討会となりました。
さらには、あとでも詳細に触れますが、城麓下の追手筋で、新図書館建設と新資料館建設が2か所で並行して計画され、その事前調査が実施されている最中でした。

参加された皆さんの話にも出ていましたが、高知城下の武家屋敷や上級家臣団の屋敷をまとまった面積で発掘できるなんて、ほかの都市ではもうほとんどできなくなっている、とのことでした。
今回の検討会は、こうした情況を背景にして行われたのでした。

次回は検討会の内容にも触れてみることにします。
スポンサーサイト

COMMENT 0