美浜町に「歴史文化館」(仮称)ができる?

小浜湾と久須夜ヶ岳小浜市天ヶ城中腹から久須夜ヶ岳を臨む
このところ、毎日のように雪が降り、寒い日が続いています。
まったく身動きが取れず、朝からストーブの番をするのが日課のようになっています…。なんともはや。

そういえば、今日の新聞(2月11日)に若狭の美浜町で、使わなくなった保育園の建物を再利用して、文化歴史館(仮称)としてオープンさせる、という話題が載っていました。先日の旧美山町味見地区の伊自良の里資料館とは、全く逆の話で、とてもうれしいです。

美浜町には国吉城歴史資料館、という遺跡博物館がありますが、国吉城跡関連のみの資料館で美浜町全体の遺跡や史跡の資料(文化財)を展示しているわけではありません。
今度の文化歴史館は、いわば町の歴史資料館ですから、美浜町全体のものを展示できるわけです。本来なら、新しい建物で…、と思うのが人情ですが、財政事情を考えるとなかなか。

これで、敦賀から美浜、上中、小浜、高浜と若狭はほぼ全域で歴史(民俗)資料館が出揃ったことになります。その意味でも福井にとってはうれしい話ですね。
美浜町などを舞台にしたローカル映画の「サクラサク」が近々上映されるということもあり、美浜町はいろいろとにぎやかで結構なことです。

スポンサーサイト

COMMENT 0