敦賀市深坂古道ウオークその2

編集_DSCF2537
平成26年5月18日(日)敦賀市追分から滋賀県沓掛までの古道、深坂古道を散策しました。福井側からは「深坂峠」を越えて、近江の塩津へ出るので「深坂越え」と言いました。反対に、近江の塩津から追分・疋田へは「塩津越え」と呼んだそうです。

編集_DSCF2542
滋賀県側から登って、疋田・追分に下りるコースで歩きました。福井県側のほうは道路としての整備はあまり進んでいないので、古色蒼然とした趣きが残っています。反対に滋賀県側は古道とは別に林道が通り、古道の道幅は擬木で階段を作って歩きやすいのですが古道の趣きはほとんどなくなっています。深坂地蔵へのお参りが滋賀県側で多くて、林道をタクシーでやってくる人が引きを切らないと言います。

編集_DSCF2548
峠付近には、標高約370mの尾根線沿いに山城らしき遺構があるらしい、とのことでせっかくの見学だから…、と途中で道草するような格好になりましたが、左右の尾根線に登ってみることにしました。

福井に向かって右側の尾根は、約70mほどジグザグの道を登ったでしょうか、見晴らしのきく尾根の先端部に出ました。敦賀平野が遠くに見渡せます。砦らしき平坦地と段曲輪のような段々が数か所確認できましたが、堀切のような明確な山城遺構は見つかりませんでした。

案内の担当者によると、「昔この付近を踏査した折に、左右の尾根線上に山城らしい遺構があったような・・・」とのこと。
峠の左側の尾根にも上ってみましたが、こちらは峠道に接して小さな堀切をもつ段々の曲輪らしい形の地形が確認できました。こっちなら「山城」と言ってもいいかなあ―、と言いながら下りの道を急ぎました。
スポンサーサイト

COMMENT 0