福井県「一乗谷城の見学」案内実施

名古屋の某旅行会社が実施している「名城めぐり」と題したテーマ旅行に一乗谷城が入って、今年9月29日(月)、10月4日(土)の2回、見学会が行われました。

キャッチフレーズは「戦国の雄!朝倉氏が築き上げた城下町跡!ツアーではなかなか行かない「一乗谷城」です。

旅行会社からの情報では、参加者は概ね50代から80歳ぐらいまでの年配の方が大半で、しかも半数の方はリピーター、過去に一、二度朝倉氏遺跡を訪れたことのある方々だそうです。

そういうことで、今回案内役を仰せつかりました。人数が40名を超えるということでしたので、2回とも、もう一人助太刀の案内役を地元「朝倉氏遺跡保存協会」から出していただくようお願いして、2名で山城見学会を遂行しました。

29日、4日ともに天候は晴れて、格好の散策日和になりました。お客様には、気持よく帰っていただけるように、山城の話はなるだけ面白く、楽しい散策になるよう心がけました。
何しろ、一回で40名以上にもなる参加者を連れて山歩きをすることは4年前の林道ウオーク以来の経験でしたし、最近でも一乗谷城を見学したいというお客さんが滅多にいない中で、連続して2回、多数の方々を連れて城歩きを実行できました。
これも城歩きマンには願ってもない経験となりました。

折りよく、今年は現地の山城を再整備して、案内板や説明板の取り換え、見学道路の清掃、下草刈等々と例年にもなくきれいになった山城を歩けて、城歩きマンもとても案内のしがいのある一日でした。

前回のブログにも書いたかと思いますが、地元の関係者の皆様、また県の担当部局の皆様のおかげだなと感謝しています。地元で耳にした話では、今回のこうしたツアーには計画した旅行会社に県からの補助金が出されており、1,2の旅行会社がこぞって、こうした企画に取り組んだ結果だともいわれます。

しかし、去年の夏の新聞への投書がきっかけで、山城の見学道の整備や説明板の取り換えが実現できた、ということも山城に親しんでいただくためのひとつの契機でしょうし、また今回の旅行会社への補助金も一つの契機と考えて、要は一乗谷城が皆さんに知れ渡ることが出来れば、福井にとってはいいことなのでしょうね。

ツアーだけでなく、個人的にも一乗谷城へ是非登ってみたい、と思われる方はお気軽にご一報ください。城歩きマンが最上の「おもてなし」で山城へご案内いたします。

このブログへコメントするか、又はメールアドレスyo-minami@r9.dion.ne.jp 城歩きマンまで
スポンサーサイト

COMMENT 2

闘将!刑部  2014, 10. 20 [Mon] 15:53

県外からのおもてなしご苦労様です。
県から補助金が出ていたとは知りませんでした。
県もブランド営業課と"営業"という言葉を付けてきたことからも、
もっと良いところが福井にあるのだよ!とアピール姿勢を
打ち出していく考えが表れています。
(話は変わりますが、携帯会社のCMにも一乗谷がまた差し込まれていますしね。)

先日、資料館興行の山城見学会に参加をして参りました。
春に訪れてから今年は2度目の登城となりました。
先に城歩きマンさんからのご報告の通り、半年前とは変わっていて、案内板(行先方向、解説版)の増設そして、何よりも嬉しかったのは、畝上竪堀群のところが草刈りがしっかりとされていて、見事な堀を拝めることでした。
そして、一ノ丸や堀切(もう一つの大堀切のところはもう少し刈り込みが必要かな)にも草刈りがされていて気持ちよかったです。
神社跡も方形の土塁跡が見れて満足。
(いつも草ボウボウでしたので、実感が半減でしたが、これだったら1時間掛けて
登ってきた方も納得すると思います。現にこの日も登城者がおられました。)
(名称の○○ノ丸が気に入りません。一の郭とか主郭といった方が適切だと思うが…。)

 あとは発掘調査をして、本来のあるべき姿を丸裸にしていくだけですね。(笑)

Edit | Reply | 

城歩きマン  2014, 10. 20 [Mon] 16:19

闘将!刑部さん、コメントありがとうございます。

本当に一乗谷城の見学道、きれいになりました。ありがたいことです。

見学する側もされる側も気持ちよく歩けることが一番です。
畝状竪堀がきれいになったので、他の山城、小谷城、春日山城、八王子城、七尾城等々にも全くひけを取らない、案内にも愛情と力が入る山城になってきました。

今後ともよろしくお願いします。v-290

Edit | Reply |