「親鸞展」観てきました

親鸞像報道記事 (1)
先月の18日の福井新聞に木造親鸞像発見!の記事が載りました。
驚きでした。

県立美術館の企画展「真宗の美」展は9月26日から始まっており、10月8日からは、永平寺町本覚寺で発見された等身大の木造親鸞像が展示される、というのでさっそく県立美術館へ行ってきました。

親鸞画像(西本願寺蔵)『親鸞と福井、ゆかりの名宝 真宗の美』展図録より
親鸞さんと言えば、この画像をはじめ、いくつかの肖像画しか見たことはありませんでしたが、今回、鎌倉時代の末から南北朝期にかけての作という、写実的な彫刻の施された木造が新たに発見されたので、大きな話題になりました。

今まで知られた肖像画とはだいぶ違うので面食らうところもありますが、それはそれで見慣れてくれば違和感もなくなっていくと思います。

それにしても…、と実物の像を前にして、深いため息の城歩きマンでした。
スポンサーサイト

COMMENT 0