若狭おおい町石山城跡のこと


*石山城跡遠景(『石山城跡』福井県埋文センター2005より)
2月12日(日)敦賀市プラザ萬象にて若越城の会の学習会が開かれた。若狭おおい町にある石山城跡が平成11,12年に舞若自動車道建設に先立って事前の発掘調査が行われ、貴重な成果があげられた。すでに報告書が刊行されているが、調査を担当した研究者の一人が今回講演会を担当することになり、発掘当時の所見も交えながら興味深い話を聞くことができた。
若狭ではすでに小浜市の小浜城、後瀬山城、稲葉山城、美浜町の国吉城等が発掘されているが、中世の在地の豪族が築いた山城としては城跡の一部の調査とはいえ、大きな成果が得られた。
そうした内容を分かりやすく説明し、発掘された遺物や、地元の地名伝承や文献の検索から築城時期の確かな年代を探ったり、さらには戦国時代の武将の居城でありながら、「ムラの城」としても使われた可能性がないかを追及するなど多面的な取り組みがなされていた。
福井県内ではあまりこの時期の山城の発掘調査は行われず、実際のことはよく分からないなかで、こうした取り組みが始められていることに感激した一日でした。
スポンサーサイト

COMMENT 0