福井城跡周辺の史跡見学会(下見)その2

編集_DSCF2061
足羽川の川辺にたたずむグリフィスと日下部太郎の碑です。
今年の2月に城歩きマンは、石川の手取川へ古戦場跡の写真を撮りに出かけましたが、その帰りの足で、時間がありましたので、福井市街に立ち寄り、この像を見学しました。足羽川は平成16年の大水害以降、土堤や川辺の整備が進んで、以前と見違えるほどきれいになりました。

福武電鉄の線路が走る幸橋の北詰から西に約100mのところです。このグリフィスと日下部太郎の碑のすぐ後ろには横井小楠の宅跡や異人館跡があります。

横井小楠寄留宅跡
何れも幕末から明治にかけての福井に所縁(ゆかり)のある人たちです。

定年前の現役の頃は、忙しさにかまけてじっくりとこうした市内の名所、旧跡を訪ね歩くゆとりもなくて、どこに何があるのか、正確には把握していなかった城歩きマン。
今こうして訪ね歩いてみて、こんなにきちんと整備されて見学しやすいようになっているんだと改めて認識し、また昔の自分に恥じ入る城歩きマンでした。

由利公正像
足羽川を渡って、橋の南詰に来ました。この幸橋の南詰には由利公正に関連した石碑や説明板が道の両側に設置されています。

先ず西側のたもとには由利公正宅跡の碑があり、河川改修工事で消滅しましたが、この川際に公正の屋敷があったことが説明板で記されています。
そして道の東側のたもとには写真のような公正の像がつい最近建立されて立っています。

こうしてみると、足羽川の散策が桜並木の風情に、歴史的な情緒が加わってとても魅力あふれる散策路になっています。
川の北側にある柴田神社もすぐ近くです。
幸橋の周辺は戦国時代から幕末まで、歴史のロマンがびっしり詰まった風景地区となっています。
スポンサーサイト

COMMENT 2

midorishako  2014, 10. 20 [Mon] 07:23

左内公園

福井には歴史的な場所がたくさんあるのですね。わたしは高校生の頃に橋本左内の公園に行った事があります。近くに高校の友達がいて、その友達の家に遊びに行ったついでに佐内公園で遊んだのを覚えています。その公園には、左内の銅像があって、このブログの由利公正の写真をはじめは左内の銅像だとおもってしまいました。

Edit | Reply | 

城歩きマン  2014, 10. 20 [Mon] 08:41

midorishakoさん、コメントありがとうございます。

最近、県も市も観光に力を入れていて、市内のあちこちに旧跡、遺跡を示す案内板や説明板が整備されています。

福井県を取り巻く他県も同じ情勢です。私たちにとってはありがたい動きです。こういううねりをバネにして、自分にも何ができるか、いつも考えているのですが…。v-290

Edit | Reply |