広島県内の城郭めぐりの旅(その1)

広島県内の城郭めぐりの旅(その1)
2福山城跡案内図ふくやま文化ゾーンマップ「ふくやま文化ゾーン連絡会」リーフレットより
1日目:福山城跡・広島県立歴史博物館
平成26年11月14日(金)から16日(日)までの3日間、若越城の会主催の広島県の城郭めぐりの旅に参加してきました。

早朝6時45分、福井駅で待ち合わせ。「おおの観光」バスに乗り込み、次の集合場所の鯖江に向けて出発。あと、武生、敦賀と参加者をひろって計17名の会員が参加しての広島城郭めぐりの旅が始まりました。

毎年実施している若越城の会の県外研修旅行も、もう26年目を迎えました。県外の行き先には、国外も当然ですが含まれ、中国や韓国にも足をのばしました。
また、国内でも本州の北の果て、青森や九州の唐津、名護屋城へも足をのばしほとんど日本全国を回っています。城歩きマンはそのすべてに参加したわけではありませんが、随分とお城の勉強をさせてもらいました。我ながら、たいしたもんだと密かに自分を褒めています。

2県外研修(広島)
マ、そんなことはさておいて、広島旅行の話をはじめましょう。
1日目は7月に全線開通した「舞鶴・若狭自動車道」を通って中国自動車道に入り、その先、山陽自動車道に乗り換えて福山へ入りました。福山市は広島県の最東端にある歴史の古い街です。

3県外研修(広島)
JR福山駅のすぐ近くの福山城と広島県立歴史博物館を見学しました。
福山城は家康の従兄弟の水野勝成が元和6年(1620)、大和郡山城から備後国に封じられ、同6年から8年にかけて、その中心部に安芸、周防、長門の抑えとして築いたお城です。

4県外研修(広島)
天守は五層五重の模擬天守で、昭和40年に建築されました。
JRの沿線沿いにみえる伏見櫓と筋金御門は伏見城から移築したと言われるもので、現在国の重要文化財に指定されています。
5県外研修(広島)
本丸の広場では菊花展が催されていて、とても風情のある雰囲気でした。
スポンサーサイト

COMMENT 0