一乗谷城と小見放城について(その4)

一乗谷城と小見放城について(その4)

一乗谷城と小見放し城について、話題は少しそれますが、新潟上越市に春日山城があります。言わずと知れた上杉謙信の居城です。

この春日山城の本丸部分に実城、と呼ぶ曲輪があります。みじょう、と呼びます。『日本城郭事典』などで調べると城の中心部分を指す、とあります。いわゆる本丸ですね。主郭のところをかつては実城と呼ぶ地域があったのでしょうか。

群馬県太田市金山城でも山頂部、主郭にあたる曲輪を実城と呼んでいます。関東にはいくつかの城郭に実城という名前の曲輪が残っているようです。

増山城遠望砺波市増山城
また近いところでは富山県砺波市増山城、また魚津市松倉城にもそれと関係する名前の曲輪がある、と言います。

増山城は越中守護畠山氏の守護代神保氏の居城として知られています。何度か上杉氏の攻撃を受け、天正年間には上杉氏の支配を受けます。その後織田勢が越中に進出し、佐々成政の支配下に入ります。
この増山城の二ノ丸の南に続く尾根に「無常」と呼ぶ曲輪があり、実城の意味と解釈されています。取っ付きの斜面には畝状竪堀も確認されています。

松倉城は南北朝期越中守護であった普門氏の居城として知られています。
後に上杉謙信が織田勢力の越中進出に対抗して、天正年間にこの城を攻め陥落させます。謙信はこの城に家臣を配置して、なお越中を制圧、能登攻めにも乗り出しています。

この時上杉氏が城に修築を加え、本丸北側近くに新たに「大見城平地区」と呼ばれる曲輪を構築しました。「おみじょうだいら」と呼びます。『富山県中世城郭分布調査報告書』では御実城、の意味だと注釈を加えています。

大見城と書いて、おみじょう、ですか…。
ならば小見城、と書いて‘おみじょう’もあり得るか…?
そうすると一乗谷の小見放城は‘おみはなし’城?
御実‘放し’城?または‘放れ’城?

実城という呼び方、使用例には地域性というか傾向的な偏りがあるように見受けられますが、実に興味深い使い方のようですね。

御実放れ城――
仮定の仮定の話。何とも言えない、無理なこじつけ…か。
御実放れの放が故の写し間違いだとしたら、御実故城、となってもっと違う意味に発展します。どんどん推理の輪が広がっていきます。
とりあえず御実城から放れた位置にある城、と解釈すると、この「小見放城」の意味はすっきりしてきます。

青山作太郎さんのご著書『一乗谷 朝倉史跡・伝説』という本の中で、一乗谷城を紹介した項目があって、12ヶ所の支城、出城についてピックアップしています。
そのなかには、所在がまったく分からないものや、名前の由来、意味がほとんど解明できないものがあります。

例えば「松尾の櫓跡」、「九層丸櫓跡」、「高城址跡」などです。
「九層丸櫓跡」(くそうまる?と呼ぶのでしょうか?)とは、下城戸より200m北東にあって、通称金山の頂上にある、としています。それらしい場所の現地に行って探しましたが、遺構らしいものは見当たりません。

「高城址跡」(たかじょうしあと、と呼ぶのでしょうか?)とは、東新町安養寺の南方20mの高さの尾根にあるとしていますが、そこには遺構がなくて、むしろ少し上った中腹に池状の窪みや建物跡らしき平坦地をのこす場所が確認され、この場所はもう少し再調査の必要なところです。
松尾の櫓跡は全く不明だと、青山さんも書いています。
このように、一乗谷にはまだ実態の分からない城跡がいくつもあることが分かってきます。
さて、どうしたものか…。
スポンサーサイト

COMMENT 2

midorishako  2015, 02. 01 [Sun] 21:56

名推理

おもしろい。すごい推理ですね。「実城」からどんどん推理して「小見放城」が「お実故城」までいくとは、すごい。それにしても主郭を実城と呼ぶことがあるとは知りませんでした。勉強になりました。

Edit | Reply | 

城歩きマン  2015, 02. 02 [Mon] 07:37

midorishakoさん、コメントありがとうございます。

山城を歩いていると、実にいくつも分からないことがあるものですね。一度や二度歩いても完全理解できることなどあまりないと思います。

おぼろげにその輪郭が見えてくるのかな…。と言ったところでしょうか。地名や、遺構の名称も同じで、意味が分からないことばかり。

なんでやろ…、といつも考え続けること。事実に近づくためにはこうした地道な営みしかないように、最近、思うようになりました。

Edit | Reply |