若狭小浜市天ヶ城について

若狭小浜市天ヶ城について

小浜湾と久須夜ヶ岳天ヶ城から小浜湾を望む
平成27年2月6日(金)。早いもので、今年も既に2月に入っています。そろそろ城歩きの準備にとりかからねば…、と思います。

若越城の会の2月15日(日)の学習会は、若狭小浜にある「天ヶ城」見学の事前学習会です。そして3月にはその天ヶ城に、実際に登城します。楽しみです。
天ヶ城は小浜市西津の東方山上、標高266.3mの頂上を中心に展開する山城です。東側山麓には高野山真言宗の古刹羽賀寺があります。重文十一面観音像でよく知られています。
天ヶ城の城主は若狭守護武田氏の重臣であった内藤筑前守で、代々、この城を守ったといいます。

水準点のある小さな平坦部の、主郭部とみられる曲輪と三方に分岐する各尾根線に沿って、数カ所曲輪を作り出しています。主郭部の南端には堀、土塁があり、虎口部を形成しています。

北西方向の尾根を下ると甲ヶ崎の集落に至り、北側の尾根を下ると古津の集落に至ります。西側を見下ろせば、小浜湾が一望に見渡せます。

天ヶ城遠望(南東から)北川堤防から天ヶ城を望む
羽賀寺の集落へは、城の南側に延びる鞍部の途中から東に急斜面を下ると辿りつきます。
最近ではシカやイノシシが増えて、食害が目立っていることから羽賀寺境内の周辺には電気柵が設けられ、この寺域からの登城は立ち入り禁止になっています。

天ヶ城は西津の街から見上げるとちょうど西津小学校の裏山にあたり、大変分かりやすい位置にあります。また、西津の街が港を控えて、後瀬山城に移るまで守護所が置かれたという由緒地です。天ヶ城は歴史的に意味深い土地柄の山城です。
スポンサーサイト

COMMENT 2

まつかわ  2015, 02. 14 [Sat] 15:32

雪も止みそうです

幸先の良いブログありがとうございます。
明日、敦賀でよろしくお願いします。

Edit | Reply | 

城歩きマン  2015, 02. 16 [Mon] 07:58

まつかわさん
コメントありがとうございます。

2,3日福井を留守にしていて、ブログのチェック遅れました。
当日の講演会、大変楽しい話を拝聴でき、ありがとうございました。

後瀬山城と天ヶ城、どちらも小浜の中世を語る上で、欠かせない山城となりそうですね。

今後ともご教示ください。

Edit | Reply |