金沢市堅田城跡の踏査(その3)

金沢市堅田城跡の踏査(その3)

主郭部に設置されている説明板主郭部に設置されている説明板
堅田城は三方向に延びる尾根線が集まったところに築かれた山城で、その頂上部に主郭とされる広い平坦地があります。主郭を中心にして北東方向、南、西のそれぞれの方向に曲輪が配置されている放射状の曲輪群構成となっています。

東側曲輪から主郭を仰ぐ主郭部の東側から櫓台を望む
主郭部は西側の端に小さな櫓台状の高まりがあって、その縁辺部には土塁がめぐっています。主郭部は堅田城の曲輪としては比較的広い面積を確保していて、西側の一段低い段曲輪の平坦部とともに、十分な空間地が確保された態勢をとっています。

主郭北側斜面下の堀切主郭部北側斜面下の堀切
これらの曲輪の周囲にはそれぞれの尾根線を断ち切るように、北、東、南に堀切が配置されています。特に北側斜面下の堀切は深く、鋭く断ち切られ、険しい防御態勢となっています。見学用の階段がなければよじ登るのは困難です。

年代としては、とても平安時代末の木曽義仲の築城とは考えられず、やはりここは、戦国時代末の一向一揆勢が立て篭もった山城のひとつと考えた方が無難のようです。
細かく見れば2,3時期の変遷が設定できそうですが、大きくみて、戦国時代のものとみてよいように思われます。

久しぶりに歩いた山城ですが、特に息があがることもなく、とても気安く風景を楽しむことができました。見学のための説明板や階段などがきちんと整備され、また雑木などもこまめに伐採されているようで安心しました。

次の目標は能登半島の先端方面にある山城です。近いうちに踏破したいと思います。(この項終わり)
スポンサーサイト

COMMENT 0