美浜国吉城周辺を歩く(3)

岩出山砦位置図2YAHOO地図からコピー再トレース引用、一部を改変して使用しました

岩出山砦跡は一見、単郭構造のように見えますが、実は北端部の崖面に向かって土塁囲みの曲輪が延びており、複郭構造であることが分かります。
手前側に二重の堀切があって、西側斜面では堀切が裾に向かって竪堀のように長く延びているのが見て取れます。

岩出山砦跡主郭部虎口岩出山砦跡主郭部虎口
土塁の高さは現状でほぼ1m前後です。それが主郭部ではぐるっと周囲を取り巻いています。遺存状況は極めて良好です。

岩出山砦跡主郭部土塁(東)岩出山砦跡東側土塁
主郭部の東側土塁は、くの字に折れ曲がって北に延びています。この土塁も遺存状況は良好で、現状約1m前後を保っています。東側の斜面は西側に比べると急角度で、自然の要害を形成しています。

岩出山砦跡主郭部土塁(北)岩出山砦跡北側土塁
主郭部の北側の土塁は北東コーナーでやや崩落が激しく、観察がしにくくなっています。この土塁の裾部は浅い溝状の落ち込みが、北側の曲輪へと連なっていて、土塁と並行して曲輪の内側を囲繞しています。その形態はあたかも旧朝日町荒神ヶ峰(豊蔵)城の形態に共通するものがあります。

岩出山砦跡主郭部土塁岩出山砦跡主郭部西側土塁
今回、岩出山砦跡を何とか踏破できましたが、なんといっても残念なことは主郭部北側が削平のために削り落とされて無くなってしまっていることです。
岩出山の縄張りは、まだ北側へと続いており、現状はその3分の2ほどが残っている、というように思われます。
従って、岩出山砦の全容は把握することができません。国吉城と比較して、現在の遺存状況から小規模なものと断定することは危険です。
いろいろな意味で、山城のことを考えさせてくれた山城でした。
スポンサーサイト

COMMENT 0