高知県高知城の見学

高知県高知城の見学

三番目のお城は高知県高知城です。
旅行二日目、11月14日(土)早朝、小雨そぼ降る松山をあとにして、高速を高松に向かって後戻りし、川之江JCTから高知自動車道に入ります。

高知城管理事務所パンフより高知城管理事務所発行パンフレット「高知城」より引用
40編集_51高知城見学入口にて高知城見学入口にて
そこから高知ICまで約2時間の輪行です。高知に入る県境のところでは一時期ですが晴れ間も見えて、今日は行けるかな、と思ったのは糠喜びでした。高知もやはり雨でした。
高知城の北にある専用駐車場でバスを降り、ボランテイアさん(青いユニフォーム)の案内で、いざ高知城へ!

41編集_55山内一豊の銅像2大手門前にある山内一豊の銅像
7編集_高知城天守閣と大手門高知城天守と大手門
城歩きマンは、カメラのこともあったので、コンビニで買ったビニールがっぱを着て見学したのですが、見通しが甘かったのでしょうか、途中から雨は本降りとなり、カッパの裾からズボンが雨でびしょびしょになってしまいました。シューズもぐずぐず、カメラが雨に濡れるのを防ぐだけで精一杯。思うように写真を撮れる状態ではありませんでした。

42編集_59三ノ丸南側石垣・雨樋三ノ丸南側石垣・雨樋(石樋)
それでもいくらかの写真は撮れましたが、決していい写真ではありません。ヤンヌルかな…
高知城は、長宗我部氏のあと、土佐一国を領国支配した山内一豊によって慶長6年から16年(1601~1611)にかけて築かれました。

高知城のある大高坂は、もともと水位の低い、水はけの悪い土地でしたが、長宗我部元親のときに岡豊城から根拠地を移す目的でこの地に築城を開始し、同時に治水工事も行いましたが、難工事のため完成を諦め、一旦は岡豊城に戻り、その後浦戸の浜に居城を移しました。

43編集_63詰門跡(橋廊下)詰門下(橋廊下)
それほど治水工事に難のあった大高坂山に、一豊は織田秀信(三法師)の家臣、百々(どど)越前守安行を登用し、工事を軌道に載せました。

天守のある本丸は享保12年の大火で焼失しましたが、天守、櫓、城門などが寛延2年(1749)に再建され、現在まで引き継がれています。現存天守12城のうちの一つにも数えられ、特に本丸御殿が当時のまま残されているのは高知城だけだと言われています。

44編集_65二ノ丸下階段から天守を仰ぐ二ノ丸下階段・天守
城歩きマンたちは、ボランティアさんの話に聴き入りながら、三ノ丸から「橋廊下」を通って、本丸へと進みました。
入口の式台を通って、藩主の「御座所」である上段の間に至ります。入側と呼ばれる東面は庭園になっているのですが、今日は雨のため、雨戸が締め切られ、外の景色はながめられませんでした。
45編集_69天守内部の説明4天守内部の説明に聴き入る
8編集_高知城内にて天守内部での説明2
天守一階は土蔵のような造りで、中央の身舎(もや)と周りの武者走りと呼ばれる細長い廊下状の空間に分かれています。武者走りの壁際には狭間、石落し用の空間が設けられています。
狭い、急な階段を二階、三階と登っていくと、ようやく六階が最上階となります。外の景色を展望した後、下へ降りようとするのですが、私たちが登っている間に他の見学客もたくさん増えて、階段は後から後から、階段を登ってくる客でいっぱいです。

46編集_73復元模型2高知城の復元模型(向かって左が三ノ丸御殿、右が二の丸御殿、真ん中の奥に天守)
こんな雨の中を…と思いましたが、高知城はさすがに人気の城だということがこの日、すなおに実感できました。
天守を出て、黒鉄門から鐘撞堂を廻って犬走上の細い道を降り、三ノ丸前の石段のところへ出ました。

47編集_78本丸黒鉄門より鐘撞堂へ回る本丸南の黒鉄門
48編集_79高知市内はりまや町アーケード高知市内はりまや町商店街のアーケード
ここからは山内一豊の妻、お千代の像から脇にある坂道を伝って、最初のバスの駐車場へ戻りました。

49編集_82はりまや町「はりまや橋」1はりまや橋のモニュメント
最後にボランティアさんにお礼の挨拶をして、昼食会場の高知市内のはりまや町へと向かいました。
スポンサーサイト

COMMENT 2

midorishako  2015, 11. 30 [Mon] 21:35

雨に強い高知県?

本当に高知城では雨にたたられましたね。高知県は雨の多いところなので、こういう雨にはきっと慣れているのでしょうね。観光客がこんな雨の中でもたくさん見えたのは、そういうことがあってのことかもしれないな、と記事を読んで思いました。
晴れていれば、天守閣の最上階からの眺めも、もっとよかったでしょうね。

Edit | Reply | 

城歩きマン  2015, 12. 01 [Tue] 16:12

No title

midorishakoさん、コメントありがとうございます。
高知城は、何度も行ったのですが、こんなに雨に降られたのは、初めてです。

それでも、晩秋の高知城と土佐の風景がしっかり目に焼き付いて、それなりの思い出になりました。

Edit | Reply |