香川県高松城の見学

香川県高松城の見学

香川県玉藻公園管理事務所パンフより玉藻公園管理事務所パンフより
平成27年11月15日(日)最後の目的地「高松城」を見学しました。
この城も昔、城歩きマンが現役の頃、出張ついでに見学しているお城のひとつです。もちろん栗林公園とセットでの見学でしたが。

124高松城入口高松城旭橋と城門
そして、どちらかというと栗林公園のほうをよく覚えていて、こちらの高松城はあまりはっきりした記憶がないのです。何故だろうか?と自問自答しています。

お城の前の通りに面したビルの一角にあるレストランか、ホテルのラウンジか?どうだったかはもう記憶がないのですが、その客席に座って店の窓越しに堀の中の櫓(たぶん、今思うと艮櫓だった?)を見つめていたのだけを覚えています。

なぜなら、今からもう20年以上も前のことで、お城全体が鬱蒼とした森の中に隠れていて、どれがどれやら、ほとんど分からない状態だった…と思います。
あるいはお堀の廻りを散策しただけで帰ってしまったのかも知れません、記憶がないのですから…。少し、昔の日記をとり出して自分の行動を見てみたら…。

ありました。

126高松城艮櫓2高松城艮櫓と中堀
ちょうど、平成11年(16年前)頃でしょうか、香川県立歴史博物館が開館したばかりの頃、同じ香川県高松市、讃岐平野の東南隅にある讃岐国分寺跡の史跡整備がすすみ、ここで「担当者会議」が行われた時のことだったことを思い出しました。どうもこの頃に訪れたときの思い出だったのか、とアレコレ自分で合点しました。

その博物館は、登城口である旭橋のちょうど真ん前にあるのです。

そうしたことを思いながら、この高松城をめぐっていると、本当に時間がたったなァと思いました。

高松城は同公園の案内パンフによると、日本三水城のひとつと謳っています。築城は天正15年(1587)に讃岐国の領主として入封した生駒親正が最初で、この時の城の縄張りは黒田如水とも、細川忠興とも言われています。

129天守台跡天守台跡
一体に水城(海城)とは何でしょうか?
①海、川、湖などに面していて、城の縄張に海や湖の一部が取り込まれている。城内の一角に舟入などの着岸地があって、荷物の積み下ろしができるようになっている。
②海側(川、湖)からの防禦のために造られたことに加えて、水運を行うことを目的とした造りになっている。

ちなみに日本三水城とは、この高松城に加えて、大分県中津城、広島県三原城を言うのだそうです。別の見方では愛媛県今治城や長野県高島城、三重県津城などが上げられることもあるそうです。
場合によっては、福井県の小浜城もこの中に含めて捉えることは可能です。北川や南川に挟まれた小浜湾の河口にある中州の上に立っている城で、船見櫓、船洗櫓などそのものずばりの名前の付いた櫓もあって、これぞ海城!といった感がありますね。

130天守台と鞘橋(廊下橋)天守台跡と鞘橋(廊下橋)
余談はさておいて、高松城に戻りましょう。
登城口である旭橋を渡ると、まず艮櫓のある虎口部に入ります。むかしの大手は、ここではなく、桜の馬場と称する郭のなかほど南側にあったそうです。
藩主の住居などに使用された「披雲閣」が寛文17年(1671)に三ノ丸に建てられ、これに伴って艮櫓の北に枡形を設け、旭橋を架けて大手としたそうです。

131鞘橋(廊下橋)と遊覧船廊下橋と遊覧船
ここを渡って、桜の馬場を通り、天守台のある内堀をみながら、「披雲閣庭園」の横を通り北端の水門まで歩きます。
ちょうど城歩きマンたちが見学した時間は、海の水が満ち潮にあたり、水門からどんどん海水が引き入れられていました。クロダイ(チヌ)が一杯、水面に頭を出して泳いでいました。

137鞘橋取り付き部廊下橋の取り付き部(食違い虎口)
廊下橋となっている鞘橋を渡り、天守台へと向かいます。平成17年から25年まで修復工事が行われており、それまで鎮座していた玉藻神社(廟)はこの時に鳥居などは屋島神社に移転し、他は解体されたと言われます。

140天守台から北を望む天守台から北を望む
天守台へ向かう途中、今回の旅行を仕切っている幹事さんから、遊覧船に乗ろうか、という話が出たのですが、時間の都合でオミットされました。

144水手御門(内側から)水手御門(内側)
ともあれ、次は城の北東隅にある月見櫓(着見櫓とも書く)、水手御門、渡櫓のあるコーナーへ向かいました。言わば、この場所が天守の代わりに高松市内を眺望できる展望台になっています。水手御門は、その昔、藩主が船で出入りする際に用いられた舟入の門だそうです。

12編集_高松城着見櫓跡、水手御門月見櫓、水手御門、渡櫓
145着見櫓(東から)月見櫓(東側)
この月見櫓の南側一帯は先にも紹介した披雲閣とその庭園がある場所です。ちょうどこの日は別の団体が貸し切りで使用していたため、中に入ることはできませんでした。

148披雲閣正面入り口披雲閣入口
13編集_高松市中野うどん学校中野うどん学校
154うどん屋御膳
そんなこんなで城内を歩いているうちにお昼の時間になりました。別に予約をとっている「うどんの中野学校」という店へ直行です。
ここで食べたうどん定食も大変おいしかったです。
スポンサーサイト

COMMENT 2

midorishako  2015, 12. 13 [Sun] 14:09

中野うどん学校

香川の「中野うどん学校」は、おいしかったですね。外国人もたくさん来ていて、国際的に有名なのでしょうね。讃岐うどんの腰のよさは一度食べると忘れられないです。また行きたいと思います。

Edit | Reply | 

城歩きマン  2015, 12. 13 [Sun] 14:18

No title

midorishakoさん、コメントありがとうございます。

今回の旅行は、雨にたたられた分、食い物への執着が強かったようです。
松山も、高知も食い物はとてもおいしく、みんな印象によく残っています。

Edit | Reply |