平成28年1月、若越城の会新年会開催

編集_三方五湖2
平成28年1月16日(土)若狭町海山の梅風呂の宿「湖上館パムコ」にて、若越城の会の新年会が催されました。

湖上館パムコは三方五湖のひとつ、水月湖のほとりにあります。去年7月に開通した舞鶴若狭自動車道の三方インターで下りて、まっすぐ西に進むと三方湖の南に出ます。奇抜なスタイルで知られる縄文博物館を過ぎて、さらに奥に進むと水月湖です。
その水月湖の湖面に寄り添うようにして立っているのがパムコという、ちょっとペンションふうの印象を受ける旅館です。部屋からの湖の眺めは、これまたとても旅情あふれるもので、カメラを忘れてきたことを後悔しました。

さて、今年の新年会は20名の会員の参加で、久々に活気を帯びた会となりました。昨年秋に四国へ研修旅行に行った時の思い出やら、今度の滋賀県上平寺城への見学の期待やら、いろいろな話にも熱気がこもっていました。
2次会の席では来年度の見学予定地はどこがいいか、といった話題も出ました。

こういう時にはいつも思うのですが、他の会員さんも同感だと思いますが、会ができておよそ30年近くも経つと、日本中、ほとんど歩き尽して、今度はどこへ行ったらいいのやら迷ってしまう…。
おまけに「もう歳やから、高い山はごめんやデー」といった本音まで飛び出して、座は「ほんとやねえ…」とため息が出る始末。なんだかんだと話しているうちに、今度は名古屋城とか、その周辺がいいのでは?といった意見が出て、その線で話を具体化できそうな流れでした。

マ、3月の上平寺城見学の頃までには煮詰まっていくといいのですが…。
今年も楽しい城の会になりますよう、祈念いたします。
スポンサーサイト

COMMENT 0