信州・富士山周遊の旅

006糸魚川街道より白馬岳を望む2016年4月糸魚川街道より白馬岳方面を望む
平成28年4月中旬、ワケあって信州と富士山めぐりの旅をしました。

九州熊本では大地震が起きて大変な時に、何をのんきな…、とお叱りを受けてしまいそうです。この記事を書くのもすごく気が引けて、後にしようかとも思いましたが、後に回すと肝心なことを忘れてしまいそうな気がして、やはり、今書いておくことにします。

被害に遭われた熊本や大分の皆様にはお見舞いを申し上げますとともに、亡くなられた方々に衷心よりお悔やみを申し上げます。

001見学地の位置図2016年4月
今回の旅行は今年のNHK大河ドラマ「真田丸」にちなんで、女房殿がどうしても上田城や真田氏館を見たいということ、二つ目は一昨年の9月、世界遺産登録が実現した年に、休暇を利用して富士山めぐりをしましたが、雪を被った富士山には巡り逢えず、日程のほとんどがヘイズのかかった富士山しか見ることが出来ませんでした。

008善光寺パンフ2016年4月善光寺発行パンフ
今回は季節を変えて、4月ならきっと雪を被ったところを拝めるに違いない、ということで信州・富士山周遊の旅、ということになりました。そして、いつものように、城歩きマンはアッシーの役を仰せつかって、アチコチ旅をして回りました。

009善光寺山門(南から)2016年4月善光寺山門
013善光寺山門二階から鳥居を望む2016年4月善光寺山門二階から(遠くに入口の仁王門が見えます)
最初は長野の善光寺。白馬村から廻って、お寺の北側にある観光客用の駐車場に車を停めて境内を見学することになりました。その日は冷たい風が吹いて、ゆっくり見て歩くには少しつらい日でしたが、何とかご利益にあずかれますようにと参拝しました。

014善光寺本堂2016年4月善光寺本堂
山門は拝観料を払うと二階が見学できます。内部には文殊菩薩像や守護神四天王像が安置されています。ちなみにこの山門は江戸時代中期の建立で、重要文化財になっています。

何とか本堂も拝観に浴することが出来ました。城歩きマンは牛にひかれてではなく、女房にひかれて善光寺参り、ということに相成りました?!恥かしい…。

宿は千曲市の「戸倉上山田温泉」に一泊しました。
翌日は上田市の真田町から見学です。
スポンサーサイト

COMMENT 0