信州真田氏館跡見学紀行

020真田氏歴史館パンフ2016年4月真田氏歴史館展示案内パンフ
021真田氏歴史館2016年4月真田氏歴史館(南側駐車場から)
平成28年4月、信州真田氏関連の史跡を訪ねて、上田市周辺を歩きました。

前夜に千曲市戸倉上山田温泉の旅館に泊まり、次の日、隣りの上田市真田町近辺から歩き始めました。と言っても、年寄りのやることですから、歩く足元もおぼつかなく、そんなにたくさんの場所を歩き回るわけにもいかず、絞ってどうしても、というところだけにしました。

真田氏歴史館は、真田屋敷(真田氏館跡)の隣にある展示館で、文字通り真田氏に関連した史資料を展示しています。
024真田氏歴史館入口2016年4月真田氏歴史館入口
真田町は真田氏発祥の地として知られており、真田氏本城跡をはじめ、砥石城跡、真田氏館跡(御屋敷公園)、真田幸隆、昌幸の墓所がある長谷寺、あるいは信綱、昌輝の墓がある信綱寺が点在します。

先ずは、ということで歴史館を訪れました。辺り一帯は菅平高原に向かう上州街道のルート上にあり、上田市街からは約8㎞北に位置しています。緩やかな緩斜面上に段々畑や住宅が点在し、のどかな田園風景なのですが、昨今の観光ブームでにわかに脚光を浴びつつある、といった風情です。

歴史館は、真田丸ブームで観光客が一杯です。真田氏三代にまつわる所縁の品々を見ながら、隣りにある居館跡の方へ進みます。
026真田氏歴史館展示室2016年4月真田氏歴史館展示室風景
022真田町御屋敷公園マップ2016年4月地元が発行している見学案内マップ
真田氏館跡は歴史館のすぐ南隣で、南北約108m、東西約162mの広さを持ち、東西に長い長方形を呈しています。四方をぐるっと土塁が廻っていて、北、南、東に虎口を開いていますが、南側が内枡形の虎口となっています。遺存状況は大変良好で、素晴らしい屋敷跡です。

031真田氏館跡説明板2016年4月真田氏館跡現地説明板
スポンサーサイト

COMMENT 0