若越城の会平成28年度第1回「朝倉山城見学会」実施

朝倉山城見学会棗公民館2016年5月15日 002福井市石新保町棗公民館前集合
平成28年5月15日(日)若越城の会の平成28年度第1回見学会が総会の後、現地で実施されました。場所は福井市の西部、三里浜砂丘にほど近い、石新保町・深坂町の朝倉山城跡です。

朝倉山城見学会棗公民館前2016年5月15日 001いざ、出発!
正面に見える山が朝倉山城跡です。標高173.08m、比高差にして約150mほどの高さです。
麓の日吉神社の脇から、幅の広い林道が最近になって開発されたものですから、大変登りやすくなりました。むかしの直登コースは心臓破りの坂とも言われ、とてもきつい山道でしたが、今はこの林道のお蔭で小学生が遠足のコースとして利用するほどになりました。

参加者は、城の会の総会の参加者に加えて、飛び入りの人もあって19名とこれまた3月の上平寺城跡に続く盛況でした。
朝倉山城見学会登山道にて2016年5月15日 004朝倉山城跡登城道、林道が交差するところにて
当日は天候もよく、気温も25度を超えるなど夏の陽気でした。それでも皆さん、元気に登城していました。旧登城道と林道の交差するところで昔の話をしていると、旧道を登ってみたいという会員がいて、グループは二手に分かれて登ることになりました。

朝倉山城見学会主郭石垣2016年5月15日) 007朝倉山城跡主郭部の石垣
やがて、30分ほどで山頂の山城跡に到着。
城歩きマンは以前に見学して気付いたことを皆さんに披露しましたが、感想は半々で、石垣づくりの山城だという説明に少し戸惑うような反応でした。

中には戦時中に設置されていた陸軍の対空監視所の建物に付随した石垣かも…、という人までいて意見はいろいろと別れてしまいましたがそれだけ、皆さんにこの山城を意識してもらったかな、という思いもあって見学会は概ね成功だったと思います。

参加者の皆様、お疲れ様でした。
スポンサーサイト

COMMENT 2

怜の父  2016, 05. 17 [Tue] 00:32

昨日はお疲れ様でした。

暑い中、皆さん本当に体力があるなぁと驚きです。
私はあの気温が限界になります(^^;

今まで山城をたくさん見てきましたが、私はあまり想像力を働かせないでいました。
昨日城歩きマンさんが仰るような事を深く考えないで見落としてきた事を、朝倉山の上で痛感しました。

私は当然石積みはあったろうと思います。
石を積んだほうが勾配が急になり法面が安定する事の認識はあったでしょうし、現に石の線形も見えました

朝倉始末記に、織田家の侵攻に備えて鷹巣城と朝倉山城を補強している状況が載ってました。戦意があがらず工事の進捗が伸びず、今攻められたらひとたまりもないとありましたが、おそらく鷹巣城の土塁の事を言っているのでしょう。是非見てみたいものです。
どとかで読みましたが、一向一揆の城は武力に自信がない分、堅固に作られているとありました
加賀の一揆の城もそうですが、縄張りや規模は国衆の城を完全に超えているように思えます。
織田の謀略にまんまとひっかかり、かなりの人数をこの近辺に配置してしまった事実がありました。
そう考えると林道脇の削平地は朝倉山城の城域であり、一揆勢の駐屯の為のスペースではないでしょうか?
少し強引ですが(^^;

Edit | Reply | 

城歩きマン  2016, 05. 17 [Tue] 08:21

No title

怜の父さん、コメントありがとうございます。

そして、見学会は大変お疲れ様でした。ご満足いただけましたか?
福井にはまだまだ沢山面白い山城が残っています。

見学道路が整備されていないばっかりに、また十分知らされていないばっかりに誰も登城しない山城が一杯あります。

その意味ではこれからが楽しみ、というものですね。

Edit | Reply |