豊岡市出石町の城下町を歩く

城崎温泉深山亭城崎温泉深山楽亭
平成22年(2010)城の会の県外研修は播磨、但馬の城館めぐりの旅でした。

第2日目の赤穂城、朝倉城を踏査した後、その日の宿泊先の城崎温泉へと向かいました。
温泉街のずっと奥にある「深山楽亭」という旅館です。夕闇が迫る温泉街の細い路地のような径をバスはゆっくり通って行きました。その間にこちらも温泉街の通りの様子をウオッチングしながら、窓の景色を楽しみました。

宿での夕食も終わって、少し街を歩きたい気分もあって、旅館でもらった「通行手形?」のようなものをもって、ここの名物の「七つの外湯めぐり」を試してみました。季節が11月半ばとあって、かなり冷え込んでいるのですが、いくつか外湯を回っているうちにとてもホクホクと温まってきたのを覚えています。

2010年11月城の会研修播磨、但馬の旅 (出石城6)出石城本丸西隅櫓
翌日、3日目は城館めぐりの最後、豊岡市出石町の城下町めぐりです。
出石の城下町と言えば、すぐに思い起こされるのは、幕末の長州藩士桂小五郎が、薩長同盟のために奔走している時期、この出石町の廣江屋敷に一時期隠れ住んで、荒物屋を営んでいたという話を思い出しますね。こんな鄙びた山里に幕末の香りが飛び火しているとは…。なんともロマンあふれる話で嬉しくなります。


最後の旅はこの出石町の城下町を満喫するのに、一日じっくり浸ってみることにしました。

2010年11月城の会研修播磨、但馬の旅 (出石城7)登城門から本丸西隅櫓を仰ぐ
この日はあいにく、朝から小雨がそぼ降る、寒い日でした。傘を指しながらの城跡めぐりでしたが、お昼頃から雨も上がり、明るい陽射しも照るようになりました。

出石町そば処松福堂
昼は出石町にある蕎麦の専門店「松福堂」で名物の皿そばを堪能しました。
その後、自由行動で街中の散策になり、気ままに城下町を巡ることにしました。<この項続く>
スポンサーサイト

COMMENT 0