永平寺町波多野城跡の見学会について

永平寺町波多野城跡「花谷区 第1回区民登山」パンフレットより
ふとしたことがきっかけで、福井県永平寺町にある波多野城跡の見学会のパンフレットを入手しました。

今年の5月頃だったかと記憶しているのですが、新聞に永平寺町花谷区の人たちが、波多野城への登山路を整備したという記事が載っていたことを知り、6月4日(土)に現地の登城を試みました。

波多野城跡遠望(北から)波多野城跡遠望(北から)
当日は雨模様で、空は曇っていましたが、何とか持ちこたえそうだったので、何ヶ所か、登り口を探して歩き始めたまではよかったのですが、入口のすぐ脇でクマ檻を見つけて、少しビビってしまいました。
他の登山口はどうか、と別の道から登ってみたのですが、やはりここにもクマ檻が…。
永平寺というところは、やはり聞きしに勝るクマ天国、一人で登るのは止めよう、とその日は登城を断念しました。

波多野城登城口付近波多野城跡登山口付近の墓地
何日かたって、やはり波多野城の登城を断念したことがどうにも悔しくて、永平寺町の知人にこのことを話して、城跡への登山路は危なくないのかどうかを詳しく聞いてみました。知人は花谷区の人に事情を聴いてみるということで、しばらく経ったある日、知人からの電話で6月26日に地元主催の波多野城見学会があるから、それに同行したらどうか、ということでした。

波多野城登城口波多野城跡登山口(矢印両方とも行けるそうですが…)
有難い情報でしたので、すぐさまOKの返事をして当日を楽しみに待っていました。ところが、いざ、26日になってみると天気は雨!実際、現地の集合場所に行ってみたのですが、やはり計画は中止するとのことでした。ムム、無念残念。

この話はしばらく忘れていましたが、夏も過ぎて、9月の終わりごろになって、同じ地人から波多野城跡の見学会が10月2日(日)にもう一回、計画されたらしいが参加しますか、という誘いの話がありました。冒頭に掲げたパンフがそれです。
ふたつ返事でOKの返事をしましたが、一度ならず三度も機会があるなんて…。これは何かの縁ですね。何としても登らなければ、と思いました。

波多野城跡は戦国時代の山城ですが、築城主については詳しいことは分かっていません。鎌倉時代の志比庄の地頭であった波多野氏の居城とも言われていますが、確かな記録はありません。しかし、遺存度も良好、規模の大きな山城で平成12年(2000)に県指定史跡になっています。

昔、県指定のための測量や部分発掘がなされたころ、城歩きマンも何度か登城していて、つぶさに現地の様子を調査させていただきました。その時、山城への大手道のことが話題になり、一体にこの山城の正面はどこか、どこを向いて築城されたのか、という疑問が出されて議論になったことを覚えています。
そういう意味でも、今回、山城への登城路=整備された山路かどうか、当てはまらないまでも、どこかに当時の登城路が隠れていないか、是非、実地に探ってみたいというのが正直な思いでした。

当日は必ず天候が良くなることを切望しつつ、このブログを読まれた方で、一緒に城跡へ登ってみたいと思われた人は是非、ご参加ください。
区民以外の人も大歓迎だそうです!
スポンサーサイト

COMMENT 0