若狭小浜町並み保存資料館と歴史博物館を見学しました(2)

平成28年11月4日(金)、ひさびさに若狭小浜を歩きました。

小浜町並み保存資料館見学他 (3)後瀬山城跡のパンフ(小浜市発行)
何か用事でもないと、なかなか出かけてこれない所ですが、つい最近、舞若自動車道ができたお蔭で、気軽に出かけられるところになったのも事実で、この8月にも若狭上中の熊川宿を見学したばかりです。

さて、小浜の町並み保存資料館を出て、周辺を少し歩きました。資料館で教えられたとおり、近くに武田氏館跡があるというので、その場所を確認がてら、逍遥することに。

編集_小浜まちなか保存資料館2016年11月4日 001 (8)武田氏館跡のコーナーに立てられている説明板
なるほど、武田氏館跡は資料館のすぐ裏手にありました。丹後街道が武田氏館跡と周囲の屋敷跡に直結して東西に通っていたことをつい、うっかり忘れていました。近いはずです。

編集_小浜まちなか保存資料館2016年11月4日 001 (9)遺跡の奥にある空印寺と後瀬山
編集_小浜まちなか保存資料館2016年11月4日 001 (10)遺跡の中に一部土塁遺構が見えます
小浜小学校が移転した跡地は、結構広いスペースとなっていて、ここに館跡が復元整備されるのかな、と想像しながら空印寺と後瀬山を見上げますと、もう、だいぶん紅葉が広がって、里にも秋が来ていることを実感させてくれました。

小浜町並み保存資料館見学他 (2)旭座のパンフより
町並み保存資料館の帰りに、旭座をのぞいてみました。広い客席の奥で、職員さんが、何かの準備で忙しそうでした。「どうぞ、入って下さい」と声をかけられました。
何か、これから始まるんですか?と訊くと、ちかじか「寄席」があるんでその準備です、との答え。

一度ここで落語でも聴いてみたいもんだ、と立ち去りがたい気分になりましたが、夕刻が迫っていましたので、次の目的地の歴史博物館に向かうことに。

若狭歴史民俗資料館2
東小浜にある歴史博物館は、外観は変わっていませんが、中の展示は一新していました。名前も「歴史民俗資料館」から歴史博物館に変更されました。
一見してその展示は、以前のものより、すっきりと整理された感じがしてとても歩きやすいイメージです。
折しも特別展「若狭のたから――知る・まもる・つなぐ」を展観中でした。

小浜町並み保存資料館見学他 (4)特別展図録(表紙)
若狭に残る様々な種類の文化財に光をあてて、もう一度、文化財とは何かを考える縁(よすが)とする、というようなテーマでしょうか?
小浜町並み保存資料館見学他 (5)常設展パンフ(表紙)
正面きって、文化財を問うテーマです。再生若狭歴史博物館の見せどころです。多くの人に見てもらいたい展示です。そんなことを考えながら博物館をあとにしました。
スポンサーサイト

COMMENT 0