若越城の会県外研修旅行の報告

編集_IMG_20161122_0001_NEW研修旅行のしおり(表紙)
平成28年11月18日から20日まで3日間、愛知県名古屋市、東三河の城館めぐりの旅を実施しました。

三河の城館めぐり2016年11月18~20日 (7)夕日に映える名古屋城天守
日程は
第1日目:小牧山城跡・長久手古戦場跡・名古屋城跡
第2日目:桶狭間古戦場跡・松平郷・岡崎城跡
第3日目:西尾城跡・東条城跡・本光寺・長篠城跡・設楽ヶ原古戦場跡

主として名古屋市周辺と、愛知県東部の東三河地方に対象を絞って盛りだくさんの日程で城めぐりをしました。2日目は雨にたたられましたが、そんなにひどい降りにもならずほぼ予定通りの日程を消化できました。参加者は22名。

三河の城館めぐり2016年11月18~20日 (14)豊田市松平城跡(二ノ郭、三ノ郭の尾根道)
第1日目は最初に小牧山城を見学しましたが、ちょうど天皇ご一行の車が、小牧山城の前、小牧市美術館をご見学になるというので日の丸の旗を手に持った大勢の市民が沿道を埋め尽くしていて、スムーズに見学ができませんでした。そんなようなハプニングがあって予定時間を大幅にロスしてしまいました。

小牧山城跡の次からはたいした変更もなく、無事、長久手古戦場跡、名古屋城跡と回りました。

三河の城館めぐり2016年11月18~20日 (16)西尾市吉良町吉良温泉(三河湾)から見た日の出
第2日目は桶狭間古戦場跡、松平郷、岡崎城と信長と徳川家康の関係する遺跡や城跡をじっくりと見学しました。特に、徳川氏、就中、三河松平氏の発祥の地とされる松平郷を見学できたことは大変よかったと思います。
2日目は雨が降ったり止んだりで、ちょうど松平城跡、松平館、高月院をめぐった直後に大粒の雨が降りしきる天候となり、岡崎に着く頃まで雨は降り続きました。

しかし、岡崎城に着くと雨もやんで見学日和となりラッキーな取り合わせとなりました。家康生誕の地岡崎城は、近年の公園整備の手が入って大変見学しやすい場所になっていました。

三河の城館めぐり2016年11月18~20日 (18)西尾城本丸丑寅櫓
第3日目は二ノ丸に天守が置かれていたという西尾城跡、吉良氏の根拠地だった東条城跡、深溝松平氏の菩提寺の本光寺、そして信長の全国制覇への道の第1歩となった長篠の戦い、設楽ヶ原古戦場跡と巡り歩きました。

三河の城館めぐり2016年11月18~20日 (22)東条城跡(八幡神社側から主郭部を望む)
三河の城館めぐり2016年11月18~20日 (27)新東名高速設楽ヶ原PAにある信長の陣跡
旅の終わりは、長篠、設楽ヶ原を出て新東名高速の、設楽ヶ原PAにある陣跡(長篠の戦いで信長が築いたという)を登って、締めくくりとしました。旅の詳細は、後日報告させていただきます。
スポンサーサイト

COMMENT 0