ふくいの山城――2016年を振り返って

31の3河口湖「湖山亭うぶや」から見た富士山2016年4月河口湖「うぶや旅館」から見た早朝の富士
まだ少し早いかな、とも思いますが今年一年の山城に関する想い出を振り返ってみようと思います。

本当に歳をとってくると、“秋の日は釣瓶落とし!”の一語が身に沁みて――
一年があっという間に過ぎていきます。

かと思えば、今年2月、3月に実施した山城歩きの思い出がずっと遠い昔のことのように思われて懐かしくなったりして、少し複雑な思いに駆られます。
2016年の今年は、何といっても2月の末日に出版が実現した著書、『一乗谷城の基礎的研究』を挙げなければならないでしょう。
この書は自費出版で発行部数は約200冊余り、県内外の関係機関に配っただけですが、長年の夢がやっと叶い、この時点で自分なりに区切りができて、本当の意味で現役定年を迎えることができたかな、と思っているのですが…。

出版したことの評価については、身近な人たちからの感想ですが、概ね、歳をとってからなのによくやった、という意見が多かったように思います。
これを足バネにして、ステップアップしていきたいと思っています。

23高島城跡天守(南から)2016年4月諏訪市高島城跡
次の思い出は家内の会社定年を記念して、信州、富士、伊豆の修善寺温泉などをクルマで巡ったことが挙げられるかな、と思います。
特に信州の上田城や松本城、あるいは高島城などを巡り歩いたことは大きな収穫でした。もっとも家内にとっては退屈だったと思いますが…。

そして3番目に挙げられるのは秋に敢行した新潟県下越地方の城館めぐり、を挙げられると思います。
これこそ、城歩きマンには長年の目標のひとつだった大葉沢城、平林城、江上館、村上城等々下越の城館をじっくり見学できたことも大きな収穫の一つです。

最後はやはり何といっても、若越城の会の秋の研修旅行で尾張、東三河の城館めぐりを完遂したことでしょうか。2泊3日の旅行で中日が雨にたたられたとは言え、スケジュールをほぼ達成できたことがよかったと思っています。

⑪2016年10月18日19日下越の城館めぐり (大葉沢城跡)(18)新潟県大葉沢城跡の畝状竪堀群
いずれも内容についてはその都度、このブログで詳しくご紹介していますので、重複を避ける意味で再度取り上げることは致しませんが、今年は特に充実した一年ではなかったかな、と思っております。
山の神、海の神、あらゆる神様に感謝。

ちなみに今年の山城関連の行動内容を以下に提示します。
2月、三重県の城館めぐり(伊勢長島城、亀山城、桑名城、大井田城、保々西城、峯城、神戸城、津城)
3月、城の会見学会(米原市上平寺城)
4月、信州、富士、修善寺めぐり(上田城、松本城、高島城)、敦賀市杉津・河野丸砦の踏査
5月、尾張、東三河の城館めぐり(城の会研修の下見)、金沢城見学、朝倉山城の見学(城の会見学会)
7・8月、休眠
9月、波多野城の見学(花谷地区見学会)、堂谷山城の見学(城の会見学会)
10月、新潟県下越地方の城館めぐり(大葉沢城、村上城、平林城、江上館、坊城館、鳥坂山城)、福井市天目山城の踏査、福井城の復元をすすめる会の県外研修(小牧山城、清州城、墨俣城)
11月、池田町梅田氏庭園の居館跡の踏査、尾張・東三河の城館めぐり(城の会県外研修)、福井市芝山城の踏査、越前町芝築地山城・乙坂山東城・尉ヶ峰城・茶臼山城の踏査
12月、福井市牛若城跡、敦賀市金ヶ崎・手筒山城跡

数え上げれば、たくさんの箇所を歩いたことになります。自分なりに…。
年末までまだ少しの余裕があります。天気さえ良ければ、もう少し悪あがき(?)してみたいなと思う今日この頃です。
スポンサーサイト

COMMENT 2

midorishako  2016, 12. 24 [Sat] 18:07

1年間お疲れ様でした

1年間お疲れ様でした。

「一乗谷城の基礎的研究」は読ませていただきました。前半の福井の城館の項では、古代・中世・近世と時代をおって紹介されていましたので、「ああ福井は昔先進地域だったんだ」と改めて感じることができました。また、後半の「一乗谷遺跡の発掘の進展」を項を読んでいますと、実際に携わってこられた方でしか書けない「感情」がほとばしっていて、読んでいる私もなんだか発掘している気になってしまいました。そして、「一乗谷城」の項では、なかなか進展しない研究調査にもどかしさを感じながらも、ご自身の考えを展開しておられ、「畝状竪堀」についての理解を深めることができました。
私は、素人なので難しいことは分かりませんが、読んで面白かったのは事実です。
さて、2016年の「ポイント」の最後に書いていただいた「城の会研修旅行」では、愛知県を回りましたが、ほとんど説明をしていただくことになってしまいました。ありがとうございました。特に、最後の設楽原の戦いでの話は大変勉強になりました。
来年も、お体を大切にしながらいっぱいお城めぐりをしてください。そして私も誘ってくださいね。
来年もよろしく。

Edit | Reply | 

城歩きマン  2016, 12. 25 [Sun] 07:53

midorishakoさん、コメントありがとうございます。

今年はいつになく、あちこち回る機会があって城めぐりの旅もフル回転状態でした。

たぶん、本を刊行できたことの開放感があったからだなあと思っています。2番目の目標、福井の山城のガイドブックの刊行をめざして、来年も全力疾走で行きたいなあと思っております。
どうぞよろしく。

Edit | Reply |