越前町大窪鎌太屋敷跡の踏査

越前町大窪鎌太屋敷跡の踏査(ブログ用) (1)前方のヒノキ林が館跡
烏ヶ岳城跡の踏査後、少し時間がありましたので、この際と思って近くにある大窪鎌太屋敷跡を久々に訪ねました。


越前町大窪鎌太屋敷跡の踏査(ブログ用) (2)西辺の門跡(手前は堀)
この屋敷跡は、三方を土塁で囲った方形の居館跡として、越前町青野の集落の北、天王川の右岸に位置しています。
「越前国城跡考」に城主を大窪鎌太とし、館跡「青野村ヨリ五町計西、青野川(天王川)端ニ五十間ニ四十間計之所、三方土居一方青野川大手口之形有」とあります。

越前町大窪鎌太屋敷跡の踏査(ブログ用) (4)北西隅の土塁と堀(右端は天王川)
『日本城郭全集』では「大窪鎌太館」の項に寿永の頃、木曽義仲に敗れた落武者の大窪鎌太というものがここに隠れ住んだと言い、また鎌田正家が居館したとも言われています。
遺構の遺存度は極めて良好で、東辺約70m、南辺90m、西辺75mの規模で土塁が廻り、北を流れる天王川に面した北辺は西約20mのところで削り取られたようになって開いています。

越前町大窪鎌太屋敷跡の踏査(ブログ用) (5)南辺の門跡
門は西、南、東と三方に開き、いずれも平虎口の形式です。
只、西と東の門幅に比べ、南に開いた門幅は大きく約3m近くある。ここは後世の撹乱ではないかとされています。従来の捉え方では堀が西辺部に残っており、また、内側に内枡形を思わせる仕切り土塁のような小土塁が西辺にあることから、西門が大手口の可能性があると考えられています。

越前町大窪鎌太屋敷跡の踏査(ブログ用) (6)西南隅の土塁
土塁の高さは2~2.5mほどあり、北東部分で折れをもっています。『福井県史 資料編13考古』の記事では鬼門除けかも知れない、という指摘がなされています。
こうした土積みの土塁で四方を囲った居館の遺構が現在遺存している例は、越前市味真野にある鞍谷御所の居館跡とこの大窪鎌太屋敷(館)の2例だけです。

越前町大窪鎌太屋敷跡の踏査(ブログ用)(3)北西隅の土塁
一方の鞍谷御所のほうは伝承もしっかりと残って、足利将軍家の一族鞍谷氏の居館跡とされていますが、大窪鎌太屋敷では由緒、来歴といったものが残っておらず、一切は不明です。従来からこの点は埋められることもなく、謎に満ちた居館跡とされています。

城歩きマンは他に根拠があるわけではありませんが、こうした伝承をもたない方形の居館跡について、丹生郡域内に陣屋跡が多く確認されていることから、中世~戦国時代のものより近世の陣屋跡ではなかったかと思っています。しかし、陣屋跡とすると、なおのこと伝承が残っていないことが不思議なことだと指摘を受けそうですが、北東隅の土塁に折れをもつことが新しい要素として、ひとつの根拠になるかなと考えています。

いずれにしても問題の残る居館跡です。今後の課題とします。
スポンサーサイト

COMMENT 0