福井市島寺砦跡の踏査

福井市島寺砦の踏査2017年2月28日 (1)健康の森から正面左手の島寺砦跡に向かう
2017年2月28日、大森町の天神山砦跡の踏査の後、ついでということで「福井県健康の森」の北隣にある島寺砦跡の踏査を試みました。

福井市島寺砦の踏査2017年2月28日 (3)黄色矢印から登る(貯水場の管理用階段)
駐車場に車を停めて、そこから隣接する「若越ひかりの村」の施設をとおって、北の端にある貯水場の高台に上ります。
この貯水場のある高台から山路が続いていて、島寺砦跡につながっているようです。

福井市島寺砦の踏査2017年2月28日 (2)ふり返れば次に登城予定の烏ヶ岳城跡の山頂が…
島寺砦跡も詳細なことは分からない遺構とされ、先ずは有無の判断から始めることになります。
位置としては東に島寺の集落を見下ろす標高107mの山頂部の東端にあたります。見張り台としては効果的な位置にあるのかな、と思いますが、果たして実際の遺構はどうか…。

福井市島寺砦の踏査2017年2月28日 (4)貯水場への階段
貯水場から奥へとなだらかに続く尾根道を歩きましたが、確かにウネウネと起伏のある地形が山頂部まで確認できましたが、いずれも古墳と思しきもので、城跡の曲輪としては堀切も伴わず、苦しい現状かな、と思いました。この島寺砦跡には「コの字型」の堀がある、ということでとても関心があったのですが、実際にはコの字型というより、S字クランクのような深い溝状のものでした。この堀は北側の斜面に向かって切れ落ちていました。

福井市島寺砦の踏査2017年2月28日 (5)なだらかな尾根線上に続く円形の高まり
大きな深い堀状のものはここ一ヶ所だけで、あとはウネウネとやはり古墳の高まりがその先にも続いていました。
何よりもこの地点を城跡として判断しにくいのは、途中に一ヶ所も堀切がなかった、ということです。見張台であれ、砦であれ、また烽火台であれ、やはり尾根の前後で周囲を断ち切る堀切があって然るべきだと思いました。断定することは避けますが、このS字クランクも後世の所産かなと思われ、遺構とは判断できませんでした。

福井市島寺砦の踏査2017年2月28日 (6)深く掘り込まれたS字型クランクの溝(西から)
そのようなわけで、空しく島寺砦跡をあとにしました。
スポンサーサイト

COMMENT 2

怜の父  2017, 03. 11 [Sat] 10:20

そこに砦があったらしいという、不確定な情報のみで探索するというのは非常に難しいですね。
けど誰かが現地へ立って調査しないことには始まらない、本当に大変な作業です。

自治体とかが組織的に作業して情報化してくださるといいんですがねぇ。

それにしても旧清水町って城跡が多いですね。
古墳も多いって事は、昔から拓けた地域なんですね。

Edit | Reply | 

城歩きマン  2017, 03. 11 [Sat] 15:55

怜の父さん、コメントありがとうございます。

今日の午前中、織田町の蔵ヶ岳城跡の踏査に出かけていました。お昼過ぎに戻りました。現地は先日の雪のおかげでまだ、歩けそうな状況ではありませんでした。蔵ヶ岳城跡は標高410mあって、織田町のうんと奥まった山の中です。

下見のつもりで、周りの様子を確認して早めに引き返してきました。
後日、雪が解けたら、もう一度挑戦するつもりです。

Edit | Reply |