福井市烏ヶ岳城跡の踏査

福井市烏ヶ岳城跡の踏査2017年2月28日 (1)健康の森の貯水場から登るルート(第2段目のタンク)
2017年2月28日、天候晴れ。このところの3日間続けての晴れ続きで、丹生郡域の山城跡の踏査を実施しています。
何といっても体調が良い状態なので、その勢いに任せて気になっている山城を片っ端からつぶしていこうと張り切ってみました。

福井市の「健康の森」の裏山にある烏ヶ岳城跡は、以前に踏査を試みて、ふとしたことから断念した山城でした。

今から4年ほど前の2013年10月に福井市清水畑町にある清水畑城跡と、この城跡を登城しようとチャレンジしましたが、両方とも空振りに終わったことでよく覚えていました。
清水畑城跡のほうは、近くまで歩いていながら藪漕ぎの中を道に迷って、とうとう分からず仕舞いであきらめました。また、烏ヶ岳城跡のほうは、北側の道路沿いの道から登城を試みたのですが、歩き出したすぐそばにスズメバチの大きな巣があって、ハチがブンブン飛んでいるところに出くわしました。

慌ててその場から逃げ出したのですが、5分待っても10分待ってもハチはその場から立ち去る気配もなく、万一刺されたら本も子もありません。その日は這う這うの体で帰宅したことを覚えています。

今回の烏ヶ岳城への登城は、ルートを変えて「健康の森」の施設がある駐車場に車を停めさせてもらい、その北側にある貯水タンクからの登城を試みることにしました。
貯水場は上下2ヵ所にわたって築盛されていて、いずれもコンクリート舗装の道がついていました。高い方の貯水場の先から林道となって、砂利道に変わりましたが、幅も十分あって、とても歩きやすい道でした。
烏ヶ岳城跡はこの林道の終点から尾根線伝いに山頂をめざした先にあるようでしたが、標高151mの山頂部は平坦な平地があるだけで、山城の遺構は確認することができませんでした。

福井市烏ヶ岳城跡の踏査2017年2月28日 (2)山頂部のコの字型溝?
唯一、遺構らしきものといえば、この平坦地の中ほどに一辺10mほどのコの字型の土塁が確認できたことでしょうか。しかし、この土塁は高さ約50㎝程度で、東側に開いた状態でした。
土塁というにはあまりに小さく、低いもので、きっと御堂のようなものがあったのかな、と思いながら山を後にしました。
後日、平凡社の『福井県の地名』辞典を読み返しましたら、坪谷村の項に烏ヶ岳山頂に城跡があり、烏ヶ岳権現が祀られている、とありました。どのような経過を辿ったのかは分かりませんが、山頂部には御堂はなく城歩きマンには城跡も確認できませんでした。

越前町の烏ヶ岳城と言い、福井市の烏ヶ岳城と言い、どちらも空振りに終わってしまいました。
スポンサーサイト

COMMENT 0