越前町小倉城跡、上糸生城跡の踏査

2017年3月4日越前町小倉城跡の踏査 (1)越前町小倉の仏性寺(南から)
2017年3月4日(土)越前町にある小倉城跡、上糸生城跡、姥ヶ屋敷跡の踏査を実施しました。
「小倉城跡」は旧朝日町小倉にある城跡です。「越前国城跡考」には織田信長の城跡と記し、当時、仏性寺の寺地であったところと言います。

2017年3月4日越前町小倉城跡の踏査 (2)仏性寺門前脇にある石造多宝塔
この仏性寺は、朝倉氏とも関係がある寺で、義景の代に13石の寺領と諸役免除を受けていて、義景の代参として前波吉継がこの寺を訪れていると言います。

2017年3月4日越前町小倉城跡の踏査 (3)石造多宝塔の説明板
先ずは、先日登城した荒神ヶ峰の南に位置する小倉集落の中ほど、小倉城跡の探索です。
仏性寺の境内にあるというのですが、お寺の位置はすぐに確認できました。

2017年3月4日越前町小倉城跡の踏査 (4)仏性寺裏の墓地(周辺は圃場整備がなされて急地形は残っていない)
門を入ると、すぐに左脇に「石造多宝塔」が鎮座していました。旧朝日町からの指定文化財で、塔高約2.9m、正面に「南無妙法蓮華経」が刻まれています。この地方であまり見かけない貴重な石塔のひとつと言われています。
小倉城跡は「城跡考」には織田信長の築城と記していますが如何なものでしょうか。寺の周辺を歩いてみましたが、周辺の水田はきれいに区画整理されて、段々田んぼにされています。旧地形はどこにも見当たらず、ましてや居館跡らしきものも見当たりませんでした。

上糸生城跡位置図国土地理院二万五千分の一地形図から一部改変して使用しました
次いで上糸生城跡の探索に向かいました。
「上糸生城跡」は旧朝日町上糸生の大玉(いかだま)という地区の東側丘陵の山頂部にマーキングされています。
「城跡考」には木曽義仲の城跡と記し、上糸生村北方山上ニ堀形アリ、としています。また「越前地理指南」では「東二掻上ゲノ跡アリ、木曽義仲ノ一宿旅陣ノ所」としています。
実際、城跡は北隣の中野集落の中ほど、小白山神社の谷を登りつめた丘陵上にありました。

2017年3月4日越前町上糸生城跡の踏査 (1)中野集落の小白山神社入口(城跡は向かって右手の丘陵部)
2017年3月4日越前町上糸生城跡の踏査 (2)小白山神社の説明板
このあたりもやはり、山中には幾筋もの林道が切り込まれて、斜面のアチコチに張り巡らしている、といった趣きです。山歩きには有難いのですが、実際に城の遺構があるところでは確実に堀切や曲輪の平坦部分を削平していることになりますから、体のいい遺構破壊とでも言った状態です。
大森の天目山城の時にも冷や汗をかいたのですが、遺跡地図にマーキングされていても、肝心の遺構図(もしくは縄張図)がないときは林道工事で削平を受けた場合、一巻の終わりです。なすすべなく、歴史の解明は不能となります。
今回はそういうことはないと思うのですが、とにかく山頂部まで進みましょう。
スポンサーサイト

COMMENT 0