越前町姥ヶ屋敷跡の踏査

2017年3月4日越前町姥ヶ屋敷跡の踏査 (1)山頂付近の尾根線上の状況(腰曲輪状の平地?)
「姥ヶ屋敷跡」は旧織田町上戸にある城館跡で、「城跡考」や「越前地理指南」等では未記載の城跡考ですが「福井県遺跡地図」にマーキングされているものです。その他の資料でも未見の屋敷跡で、全く正体不明と言わざるを得ません。これもマーキングされている現地を歩く以外に手はありません。


上糸生城跡の踏査の後、何とか時間がもちそうだったこともあり、どんな城跡か、興味もあって登城することにしました。
城跡は屋敷跡としてマーキングされていますが、このあたりの事情も登ってみればある程度分かるかな…。

2017年3月4日越前町姥ヶ屋敷跡の踏査 (2)畝状竪堀にみえる窪地(実際は倒木痕?)
上戸集落の西側、桜谷集落へ向かう山路の北側丘陵、標高141mの丘頂部を中心に広がる城跡と推定されました。上戸集落の日吉神社がある位置からは真後ろの山になります。

中世には織田庄に属し、織田から鯖江に向かう鯖江街道の中継地点に位置するところにあたります。鯖江と織田は別に南回りの江波を通るルートもありますが、こちらは北からのルートで下流約2㎞の位置には大窪鎌田屋敷跡、そして青野集落には青野城跡があります。ここから織田まで2㎞で、やはり織田と鯖江を結ぶ交通の要にあたる地点と考えられます。

2017年3月4日越前町姥ヶ屋敷跡の踏査 (3)段曲輪状の細長い落ち込み
実際に城跡として、遺構が確認できるでしょうか、上戸集落の西側で土取り工事をやっている土場があり、その横の林道から歩いて登城することにしました。

2017年3月4日越前町姥ヶ屋敷跡の踏査 (4)ダラダラ続く緩やかな尾根線…
そして、谷の奥深く標高130mほどのところで、林道からそれて尾根に這い上がり、山頂部の周辺を踏査しました。
尾根線上は比較的になだらかで、広葉樹の林がウネウネと続いています。山頂部付近で長さの短い畝状竪堀を二条確認しましたが、とても浅いうえに倒木痕のようにも見えて遺構かどうか判断できません。周囲を前後200mほど歩いてみましたが、やはり堀切や段曲輪などは確認できず、木落溝のような浅い溝が幾筋か見えるだけです。

陽もだいぶ西に傾いて、夕方が近いと感じましたので後ろ髪を引かれる思いでしたが、山を下りることにしました。
スポンサーサイト

COMMENT 0