越前の有力国人堀江氏について

堀江館
堀江館跡(あわら市番田)
先日の記事で、越前斎藤氏の末裔といわれる堀江氏のことについて触れました。
堀江氏は南北朝から室町時代、そして戦国時代を通じて坂井郡北部一帯を基盤に勢力を広げました。その堀江氏が根拠地とした館跡は坂井郡一帯に点々とみられ、「城跡考」(=「越前国古城跡幷館屋敷跡」)によれば、あわら市に3か所記されています。戦国大名朝倉氏と覇を競うほど勢力を誇った有力国人でしたから、この数字は当然といえば、当然かもしれません。
そのひとつ目はあわら市番田の館跡(写真)で、京福電鉄三国芦原線の鉄道敷設工事の際に、路床の盛土のために削平され、また、その後の水田の圃場整備のため、遺構は確認できなくなっています。
二つ目は竹田川を挟んで南側の本庄地区の中番、三つ目はその隣の下番にそれぞれ存在したと記述があります。後世の史家の考察から、もともとひとつのものを隣りどうしの村で別々に記載したため2か所とされた、ということです。現在、その場所は水田や寺院、また学校の敷地になっています。
さらにもう1か所、坂井市春江町井向に「海神城」というのがあり、これも堀江氏の居城と伝えられています。
いずれも地籍図や古地名には城館に関連した名称を残していますが、発掘調査などは全く実施されていないため、詳しいことは分かりません。地理、地形学や地磁気探査法など学際的な研究も視野に、なんとかこうした城館の所在や痕跡についての究明の糸口を探してみたいものです。
スポンサーサイト

COMMENT 0