あわら市溝江館跡について

溝江館跡
溝江館跡(あわら市)
坂井平野北部に勢力を張った堀江氏に対して、旧金津町南半部、溝江郷を本拠としていた一族が溝江氏で、朝倉氏の同名衆として家臣に名を連ねていました。
永禄10年(1567)に堀江氏が朝倉氏に対して反乱をおこしたときには、いち早く義景の軍が堀江氏を攻撃し、加賀へ追い落とすことになりますが、この乱で朝倉軍の本陣になったのが、溝江氏の居館であったといわれています。(写真)
この溝江氏館跡は、現在、金津町の市街中心部にあたり、住宅が建て込んでいて、当時の面影は全く失われています。しかし、遺跡の一部で試掘調査が行われて、中世のカワラケなど陶磁器がまとまって出土しています。また館跡の外郭線もおおむね残されていて、その規模や形状はおぼろげにも想像することができます。溝江氏は朝倉氏滅亡後も、その子孫が生き延びて羽柴秀吉、井伊氏の家臣として存続しました。
スポンサーサイト

COMMENT 0