福井の城館めぐりを振り返って(6)

昨年の秋から今年の春にかけて歩いた福井の城館めぐりを振り返って、書き足りなかった事柄を今まで何回かに分けて述べてきました。

南越前町上別所茶臼山城跡踏査2017年1月6日ブログ (3)南越前町茶臼山城遠望
いろいろと書いてきましたが、今回の城館めぐりの中で、城歩きマンが最も強調したい事柄は、やはり畝状竪堀のことになります。福井県で畝状竪堀と言えば一乗谷城や戌山城、若狭の後瀬山城がすぐに思い浮かびますが、今回、城歩きマンは畝状竪堀をもつ山城のバリエーションをこの福井県内で思う存分見聞することができた、ということ。

城歩きマンは昨年の春に、一乗谷城と畝状竪堀のことを書いた本を出版したばかりですが、今、出版したことを少し後悔しています。もう少し遅くてもよかったかな…、と。

しかし、それは禁句、言ってはならないこと。

2017年3月大野市茶臼山城跡の踏査(ブログ用) (1)大野市茶臼山城遠望
さて、余談はさておいて、本論に入りますが、畝状竪堀のバリエーション、福井県には一乗谷城を筆頭に後瀬山城、戌山城、成願寺城、波多野城など何ヶ所かの山城で確認されていて、若狭に7ヶ所余の畝状竪堀の山城が確認されていて、若狭優位の印象が拭えなかったのですが、今回の踏査によって、それは解消されました。

城歩きマンが新たに、あるいは再度確認できた畝状竪堀をもつ山城は南越前町の茶臼山城、越前市の茶臼山城、大野の茶臼山城、畝状竪堀にはならないものの、竪堀を有効に配置している山城として織田城、大野の小山城等があります。

2017年4月13日織田城跡の踏査(ブログ用) (6)織田城の主郭部を望む(手前の林道を奥に入ったところ)
一乗谷城のように全山畝状竪堀で埋め尽くすといった形態の山城こそ、まだ新たに発見されることはありませんが、主郭の回りなど、必要な曲輪を徹底的に防御するため、狭い範囲とは言え、畝状竪堀を廻して完全に横移動を阻止する体制をつくっている山城として戌山城、波多野城、成願寺城、後瀬山城、大野茶臼山城、上志比の西光寺城、そして栃川の茶臼山城などがあります。効果的に畝状竪堀を配置しているものには若狭の熊川城や安賀里城、あるいは達城、難波江城、越前では南越前町の茶臼山城、野津又城、三室山城等を挙げることができるでしょう。

2017年3月小山城跡の踏査(ブログ用) (1)大野市小山城跡遠望(南から)
畝状竪堀の形態をとらず、比較的長い竪堀を一定間隔で曲輪の回りに放射状に配置する形態のものも確認することができました。旧織田町の織田城です。これに似た形態をもつものは福井市の文殊山城でしょうか。
織田城は南北約100mほどの山頂部の主郭部に計13条の竪堀を、一定間隔に配置するものです。場所によっては少しバラツキもありますが、概ね間隔は一定に空けられています。

意識的に配置されたことは明らかで、畝状にしない、という点で特異と言えるでしょう。
全国で確認される畝状竪堀のいろいろが、今回の踏査で概ね知ることができました。わざわざ遠くの山城を見に行くまでもない、身近でいろいろな形態のものを見ることができる、ということでしょうか。

城歩きマンがこうして、口を酸っぱくして書き立てる割にはそれぞれの山城が、いつでも誰でも見学できるか、自由にこうした山城のいろいろを確認できるか、というとそうではありません。

一部を除いて(特に県や国、あるいは各市町の指定を受けた山城以外のもの)は、その多くが管理の行き届かない、藪漕ぎ状態の山だということ。
他所ではそういった意味での文化財保護行政の対策が進んでいて、たいていの山城は管理や整備が進められ、見学ができる態勢づくりが見られます。
わが福井県はその点で大きく立ち遅れています。

山城の情報をこのようにブログやその他の伝達の媒体を使ってお伝えすることも大事ですが、一方ではそれを可能にする条件整備のほうも充実させていく努力が必要だと思われます。

あまり愚痴っぽくならないうちにこの項は閉じることにしましよう。
スポンサーサイト

COMMENT 0