東郷槇山城―地域おこしと城山巡り(8)

東郷槇山城跡位置図一乗・東郷自然と歴史散策事業実行委員会政策によるマップを引用しました(一部改変)
東郷槇山城は福井市小安町の背後の丘陵、城山(標高122m)に所在します。
城山の山付き、北寄りに三社神社があって、その参道を少し登ると鞍部に出ます。この北側と南側の尾根線上に約470mにわたって曲輪が展開しています。

東郷槇山城天守台(南から)二ノ丸から天守台を望む
北半部は朝倉氏時代の山城遺構がそのまま残り、段曲輪が樹枝状に延びる支尾根に約20カ所にわたって並んでいます。
一方、南側の尾根には、天正年間に長谷川秀一の時代に修復されたとみられる、規模の大きな曲輪があって、北から本丸・天守台、二ノ丸、千畳敷の遺構が続いています。そのさらに南東には二重の大堀切があって、一乗谷、鉢伏山との遮断線を形成しています。

本丸、天守台の斜面には石垣を葺いた跡が遺っていますが、その他は埋もれた状態でどこまで石垣が施されているのか詳細はよく分かっていません。
天守台跡には城主長谷川秀一公の顕彰碑が立っており、二ノ丸は整備されて、トイレ・駐車場スペースとなっています。
その奥にある千畳敷は公園整備がなされて、芝生広場として利活用されています。千畳敷に取り付いている土塁には植込みのツツジが数段に亘って植栽されていますが、遺構を段切りしているのはいただけません。

東郷槇山城天守台天守台と顕彰碑
槇山城は昭和40年に福井市の史跡指定を受けていて、地元の保存会によって整備・活用が図られています。
槇山城へはJR九頭竜線で、大野に向かって輪行し越前東郷駅で下車します。そこから南に見える槇山まで歩いて5分。
三社神社登り口からは10分の行程で本丸・天守台に着くことができます。時間と体力に自信のある方はそこから千畳敷に向かい、二重堀切を過ぎて「槇山・御茸山遊歩道」を進むと古墳群のある御茸山、福井市少年自然の家、西山光照寺を見学できます。

一方、八地山から分岐して城戸ノ内町に下りると八地千軒、月見櫓、一乗谷中心部に着くことができます。槇山は一乗谷の史跡と連続して整備がなされているところで、是非とも時間をかけて、ゆっくり史跡巡りを楽しんでいただきたいものです。

自家用車でアクセスされる場合は、東郷の市街地の南端にある導入路を上って、先に述べた二ノ丸の駐車場まで乗り付けます。そこで下車して周囲を散策されるのも一興です。

東郷町並みと堂田川東郷町の町並みと堂田川(市街中心部から)
東郷の町は福井市街地から8㎞東にあって、足羽川が平野に流れ出る基部にあたり、また足羽川扇状地形の左岸、扇頂部近くに位置しています。徳江用水によって平野一帯に水を供給する一角を担っていることもあって、古くから要地として重視されてきました。朝倉氏の時代には、このことに加えて南北に街道が整備され、東西方向の美濃街道と交差する要の地点として経済的にも市や河川交通の津が立つなど栄えてきました。

特に長谷川秀一の時代には、短い在城期間でしたが、城下町建設も行われて、市街地のあちらこちらに町の様子を伝える字名や古地名が残っています。街道の中ほどに川が流れ、荷物の運搬はもちろん、生活用水としても使われ続けてきました。こうした町並みを街道町と言いますが、福井県内では他に若狭町の熊川宿の街道町や敦賀市疋田の街道町がよく知られています。

東郷、水郷の里パンフ東郷ふるさとおこし協議会制作のパンフ(表紙)
東郷の街道町の整備については、2013年11月12日付けの記事でブログアップしていますので、そちらを検索してください。韓国水原市から視察団が訪れ、歴史と一体になった街の整備、活用の実際をつぶさに見てくれたということです。
こちらも槇山城の城下町の見どころの一つになっています。
スポンサーサイト

COMMENT 0