朝倉山城―地域おこしと城山巡り(15)

編集_朝倉山城主郭部・展望所DSCF2387山頂部の展望台とマリンベル
この城跡については、本ブログの2014年4月17日、2016年5月16日の記事でも紹介していますので、併せてお読みいただければ、と思います。
プロフィール
朝倉山城は福井市の西部、石新保町と深坂町との境界をなす標高173.3mの朝倉山山頂に位置しています。中世には棗荘(旧川西町※一帯を範囲とする)を治めていた戦国大名朝倉氏の領域にあたるところで、朝倉氏の一族であった朝倉玄蕃助景連が居城していたと言われています。

永禄四年(1561)四月、朝倉義景は棗大窪浜(現福井市大窪町)で犬追物を催しました。この時奉行を務めたのが景連です。一万人を超す見物人でごった返す中を、家来衆が狩衣姿でさっそうと練り歩いたと言います。
朝倉山城はその周辺警固の要として、重要な役割を果たしたことでしょう。

また朝倉氏滅亡後は、信長の再侵攻に備えて一向一揆が立て籠もった山城とも言われています。
天正三年(1575)織田信長は、一向一揆によって制圧されている越前を再度攻撃するため、大軍を差し向けました。この時、糸崎や三里浜、三国の浜に軍勢が押し寄せるという噂が立って、一揆勢は三国の安島、棗の鷹巣山、朝倉山にそれぞれ城を築いて防戦体制を敷いたと言います。

編集_朝倉山城展望台から海岸を臨む2DSCF2412朝倉山城の展望台から海岸を望む
朝倉山城跡は北側山麓にある日吉神社の境内奥(現在は林道が造られていますが)の山道を約30分登ると山頂部に辿りつくことができます。
山頂には中央部が一段高くなっていて、中心曲輪が置かれたものと思われます。その周りに腰曲輪があって主郭部を防禦しています。ここに近年展望台が立てられ、さらに一層、周囲の見晴らしがよくなりました。
虎口(城の正面入口)は南側と思われ、土塁と堀切で囲われたいくつかの曲輪を通って中心部に至ります。このつくりは戦国末期頃のものと思われます。

編集_朝倉山城説明板DSCF2403 - コピー山頂にある説明板(赤線は土塁の痕跡を示すために付記しました)
一押しのスポット
山頂部にはテレビ局のアンテナがいくつか立てられていて、かなり雰囲気が損なわれた感はありますが、最近、地元の人たちによって遺跡の清掃など行われていて、とても見学しやすくなりました。説明板も設置され、の日本海の眺めは大変素晴しいものがあります。

アクセス
京福バス鮎川線で棗農協前下車。すぐ近くに日吉神社があり、この脇に登山林道があります。徒歩約30分の道程です。
自家用車なら福井市街から20分、付近には駐車場がありません。集落内にある棗公民館にお願いして駐車するようにしましょう。

補足
※旧川西町とはかつての坂井郡川西町のことで、九頭竜川以西の各集落のまとまりをさし、昭和42年に福井市に合併しました。
スポンサーサイト

COMMENT 0