このところの山事情について

夜叉ヶ池夏景色夜叉ヶ池(2014年夏撮影)
さる7月12日(水)の福井新聞第3面に、「クマ出没最多ペース」と題した記事が掲載されました。城歩きマンのブログでは、4月16日の記事に「冬眠に入ります」というテーマでアップしました。(2014年10月20日でも同じような記事をアップしています)

あれから3ヶ月が経ちました。今度は今年のクマ出没件数が最多ペースで推移している、というショッキングな話題です。
山歩きを業としている私たちにはとても嫌なニュースです。それでなくても、クマとの遭遇を気にして、ビクビクしながら山歩きをしているというのに、今年はクマが多い、という話。早々と冬眠宣言をしたのもタイミングが良かったというべきか、と妙な安ど感を味わっています…。

どこかのニュースでは、山菜取りに出かけた女性がクマ鈴を着けていたにもかかわらず、クマに襲われて、怪我をしたとか…。ラジオをガンガン鳴らしながらでないと、最近はクマも鈴に慣れてしまったのか、と悲観的な憶測が飛び交っています。
いずれにしても、クマには出会いたくないのが本音。

2017年7月12日新聞記事福井新聞7月12日付け第3面
新聞の「クマ情報」はみな人里に下りてきた、山裾での話であって、山中で出会った話ではないのです。山歩きでクマに遭うのは、その人の勝手(ちょっときついか?)。しかし、人里に下りてきて、人に危害を加えたら、それはもう事件だとばかりに大騒ぎ。
山菜取りで、奥深く山中に入ってクマに襲われた、という話もないではないですが、それはもっともなこと、当たり前のことで、大きな事件にならないでしょう。でも、その後の影響を考えて猟友会がクマを追う…。

城歩きマンは、ほとんど一人で山歩きしています。ですからクマ鈴は必需品です。必ず携行するようにしています。そして、これは基本中の基本ですが、クマの活動期イコール夏場は山歩きしない、という鉄則を守っています(高山への登山は別)。
今のところ、クマには遭遇していません。かすりもしていません。前にブログに書いたかもしれませんが、出逢ったことがないから、なおのこと恐怖です。
クマ以外のシカ、サル、イノシシ、ニホンカモシカには遭遇しています。襲われる不安がないので、びっくりした程度で終わっています。

しかしクマは別物です。今年の冬はどうなるのでしょうか、十数年前にクマが人里に下りてきて、川沿いに歩いていたとか、丸岡の市街地や民家に入って来て、柿の木に登っていたとか大騒ぎになった年がありました。2002年か2003年の頃かとも思うのですが、記憶が曖昧です。福井豪雨の前だったと微かに覚えています。

秋終いから冬のはじめには山歩きを開始したいと思っているのですが、冬眠前の熊の活動がいつまで続くのか、クマとの駆け引きみたいなことが想像されてゾットします…。
ここらが潮時なのか…、もう山歩きはやめたら――?と言われているようにも聞こえます。
しかしながら、城歩きマンにはまだまだ、歩ききっていない山城がワンサカ残っているのです。イヤハヤ、どうしたものか。
スポンサーサイト

COMMENT 2

怜の父  2017, 07. 22 [Sat] 17:41

私は20年以上前に熊に追いかけられ、雪崩跡の谷をスライディングして逃げた事があります。あのときは「こんな山中で死んでも死体も発見されない」と咄嗟に死を予感しました。今思えば、熊がすぐ近くにいるという痕跡を全て無知の為見逃した結果でした。県境の山でしたが。
それ以降、遭遇はありませんが痕跡はたまに発見します。
今は犬3頭連れているので、いざとなれば放してナタで一緒に闘います(^^)

熊も被害者なんで可愛そうな気もします。

熊鈴は熊に何の効果もないと、何かの本ブログで読みました。ラジオはいいみたいです。本当かどうか知りませんが。

安全に山城歩きをしたいですよね(^^;

Edit | Reply | 

城歩きマン  2017, 07. 22 [Sat] 18:43

怜の父さん、コメントありがとうございます。

20年前にクマに…。ビックリです。よくぞ逃げおおせましたね。
犬を連れて山歩きなら、滅多なことはないと思います。

私もふと、山歩きの際は犬を連れて行こうかな、と思いますが肝心の犬を飼っていないので駄目ですね――。

これからは複数で連れ立って山歩きしたいと思います。いつか一緒に歩いてください。

Edit | Reply |