福井の山城について考える

芳野川の夜明け前
芳野川(福井市上野本町)の夜明け
城歩きをこよなく愛するみなさま、明けましておめでとうございます。
平成25年が明けました。このブログを立ち上げて2年目の年です。
ずっと城跡や遺跡を追いかけて、どうにかここまでやってきました。一年経つのがなんとも早かったように思うのですが、その割には結構いろいろなことを書き綴ってきたかなあー、とも思っています。
平成24年はとにかく、目につくもの、気が向いたものすべてについて思うままにコメントしてきました。今年は少し、腰を落ち着けて、考えを掘り下げていこうかなと思います。もちろんできる範囲で、ですが…。
その意味では、福井の山城や関係する遺跡についていろいろ考えるきっかけができたようです。
今年の目標
①福井県内の未踏査の山城を踏破する
➔特に国境の城に関するもので、意外に未踏査の城が多々あることに気付いた。
②中国・四国・九州の畝状連続竪堀の山城を踏破する
➔もちろん主要なものに限るが、この手の山城の見方について、一つの区切りをつけたいと思います。
③これもできれば、ですが私の主張を何かの形にまとめられたらいいなと思います。
スポンサーサイト

COMMENT 0