中国・九州山城踏査旅行を敢行す!

旅行ルート図旅行ルート図
3月に入り、城歩きマンは1日から6日まで中国、九州地方への大旅行を敢行しました。ルート図にある通り、1日目は兵庫県竹田城跡、岡山県津山市医王山城跡、2日目は島根県月山富田城跡、広瀬町勝山城跡、山口県若山城跡、3日目は福岡県宮若市祇園岳城跡、北九州市花尾城跡、4日目は北九州市長野城、大分県高崎山城跡、5日目は大分市敦賀城跡、佐伯市栂牟礼城跡、小田山城跡、竹田市岡城跡と巡ってきました。

城歩きマンにとっては、車で行く初めての長期旅行でしたが、ナビのおかげでどうにか全日程をクリアーし、無事に病気もかからずに帰って来ることができました。感謝、感謝・・・・。

医王山登城口医王山登城口

1日目は福井を出るときはそうでもなかったのですが、兵庫県朝来市に着く頃には雲行きが怪しくなり、雨が降り始めました。最初の宿泊地の津山市は雨模様でした。

富田城道の駅月山富田城道の駅

2日目は津山市から中国山地を越えて、島根に入る計画で米子道を通って月山富田城跡へ着くまでに、蒜山高原で雪が降り、安来市は本格的な雨降りでした。全く視界がきかず山は雨に煙っていました。そのせいで往路での竹田城、医王山城、勝山城、富田城はすべて登城中止のやむなきに至り、時間のゆとりもなく、涙を呑んで現地を後にしました。続きはまた後日お話します。
スポンサーサイト

COMMENT 0